コピペチェックの方法

CopyContentDetectorは無料のコピペチェックツール

「調査対象テキスト」の欄に記事本文をコピペしてください。

無料プランの場合、文字数が4000文字以内までしかチェックできないので
文字数が4000文字を超える場合は、分けてチェックするようにしてください。

「チェックする」のボタンをクリックして、判定がでるまで少し待ちます。

判定結果が変わらない場合は、「更新」ボタンをクリックすれば、見れるようになります。

すべての項目で「緑色:良好」の判定がでればOKです。

もし仮に、「黄色:要注意」「赤色:コピーの疑い」が表示された場合は、修正が必要となります。(40%を超える場合も修正をご依頼することがございます)

 

修正箇所をチェックする場合は、「詳細表示」をクリックしてください。

 

こちらの画面で、どこの文章がコピペ疑いになるのか調査できますので該当箇所を修正してください。

修正後に、再度文章をチェックにかけて「緑色:良好」の判定がでればOKです。

ちなみに、再チェックをする際は、前回検証した文章がチェック対象にならないように、「チェック対象外」にしてから行ってください。

できるだけ割合は悪くても30%台に抑えて頂くようにお願いします。

テキストのコピーはできません。