マスオさん声優変更?声が変わった?磯野家の婿養子なの?年齢や大学(学歴)や年収は?

国民的長寿アニメ「サザエさん」で、その中でも一番安心感のある登場人物が「マスオさん」。

サザエさんの中でも一番ものまねされているほど特徴的なセリフが多いキャラクターです。

 

そんなマスオさん、声優が変更した?!声が変わってる??という噂があります。

またマスオさんは婿養子なのか?といったマスオさんの詳しいプロフィールについても気になることが多いです。

今回はマスオさんの声優についてや、婿養子説、学歴や年収などのプロフィールについても紹介します。

 

マスオさんの声が変わった?声優変更したの?

サザエさんの登場人物たちは、ほとんど1度は声優を交代しています。

  • 交代していないのはサザエさん役の加藤みどりさん
  • タラオ役の貴家堂子さん

お二人は初回の放映から変わらずに演じ続けていらっしゃいます。

 

ではマスオさんはというと、マスオさんの現在の声優さんは増岡弘さんです。

マスオさんの声ってずっと変わらない気がしますよね。

 

でも、実はマスオさんの声優さんは1度交代しています。

初代マスオさんは近石真介さん

1969年10月~1978年9月まで担当されていました。

マスオさん役は降板したのですが、その理由は当時の仕事が忙しすぎたから。

ラジオ、舞台など引っ張りだこだったため、両立が困難となり降板されました。

サザエさんの中でも1番最初に声優の交代をしたのがマスオさんだったのです。

 

現在近石さんは、2019年現在で88才。

現在でも現役でお仕事されていて「はじめてのおつかい」などのナレーションを務めています。

そして増岡弘さんは1978年の10月に担当になってからは1度も変わっていません。

そのためサザエさんやタラちゃんに次いで長く感じられるのではないでしょうか。

 

さらに増岡弘さんはその若々しい声を保つために非常に気を遣っているそうです。

趣味は、野菜作り、味噌作り、焼き物など多岐に渡っています。
特技は落語で、柳家さん助の門下に入り、高座名は「益々家ちゃん助(ますますやちゃんすけ)」。
自宅の畑は200坪あり、育てている野菜の種類は約50種類もあるというのですから、かなり本格的です。
自身の子供が小児ぜんそくにかかったことがきっかけで、健康には毎日の食生活が大事だと思い至り、味噌も手作りするようになったとか

 

健康への気遣いが変わらぬ声を作り上げているんですね!

さらに増岡弘さんは、毎回「こうじゃない」と悩みながら演じている、といいます。

大ベテランの声優さんでも試行錯誤を続けるという増岡弘さんの声優魂に感服です。

 

パンダ編集長
すごいことやで!

 

マスオさんの声優(増岡弘)はジャムおじさんも担当!

マスオさんの声の担当をしている増岡弘さん。他にはどんな作品に出演しているのでしょうか?

実はあのジャムおじさんの声も増岡弘さんなんです!

 

言われてみればマスオさんの声ですね!

 

そしてクレヨンしんちゃんの登場人物:北春日部博士役

映画版に登場する博士で、映画「クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶジャングル」に出演。

小林幸子の無類のファン。どことなく風貌がジャムおじさんに似ていますね。

 

ドラゴンボールの2代目亀仙人

 

南国少年パプワくんのチャッピー。

他にも、

  • 魔法のプリンセスミンキーモモ フェナリナーサの王様
  • タッチ 朝倉南の父(朝倉俊夫)
  • エスパー魔美 魔美の父(佐倉十朗)

老紳士役や父親役など安心感のある役が非常に多いんですね。

 

マスオさんは磯野家の婿養子?年齢や大学(学歴)・苗字や年収は?

マスオさんの苗字はフグ田」マスオ。

えっ?磯野じゃないの??

と疑問に思う方もいると思います。

マスオさんは婿養子のように見られています。

実は磯野家とひとつの家に同居しているだけで、婿養子ではありません。

結婚当初は磯野家の近くに住んでいたのですが、大家さんと喧嘩になって追い出れました。

そして現在は磯野家と同居しています。

てっきり婿養子かと思いましたが違うんですね!

 

そしてマスオさんは実はフグ田家の次男です。

意外に知られていないことですが、フグ田家の次男であり、サケオという兄がいます。

マスオの実家に母と妻(名前不明)と息子のノリオと暮らしています。

「サケオ」はアニメでつけられた名前。

子供時代に曜日がなかなか覚えられなかったマスオに木琴を使って曜日を教えたり、納豆をキャビアだと思って食べるとおいしいと教えるなど、非常に弟思いです。

原作ではマスオとサザエを大阪城と京都と奈良に案内しました。

宿泊先の旅館で「都の西北」(早稲田大学校歌)を歌いました(マスオはその隣で「ふるさと」を歌った)。

お兄さんがいるのは知らなかったですね。

 

ちなみにお兄さんは、2002年1月6日放送サザエさん新春お年玉sp「初夢 正夢 春の夢」で登場しています。

年齢はアニメだと28才ですが、原作では32才です。

原作との間に4才の差があります。

 

そのほかのプロフィールはこちらです。

  • 大阪府出身
  • 最終学歴 早稲田大学・商学部
  • 趣味 ゴルフ・麻雀・ヴァイオリン・絵を描くこと。
  • 特技 饅頭の中身を当てること。ホットケーキを作りながらバック転ができる。
  • 性格 温厚・お人よし・愛妻家

早稲田大学出身とは高学歴です。

けれど早稲田大学へは2浪の末、合格しています。

 

勤務先は海山商事 営業課です。

原作では32才で係長に昇進しています。

 

気になるマスオさんの年収ですが、公式では特に描かれていません。

あくまで推測です。

現在の相場で考えてみたいと思います。

前提としては、マスオさんは32歳の商社マンなので、

30代の商社で働く人の平均年収をリサーチしてみました。

求人情報・転職サイトDODA(デューダ)によると、総合商社で働く30代の平均年収は493万円となっており、

マスオさんの収は500万円前後だと類推することができます。

ちなみに波平さんは54歳で、総合商社で働く50代の平均は784万円であることから、

磯野家とフグ田家の家計を合わせると1,277万円となっています。

磯野家とフグ田家は安定収入なんですね。

以上マスオさんと増岡弘さんについてでした!

 

追伸:サザエさんの初期アニメを無料で動画視聴する方法

「サザエさんの初期アニメを無料で動画視聴する方法」があるってご存知ですか?

初期アニメはほとんどの方が視聴したことがない貴重な作品らしいので、ぜひ気になる方は下記の記事をご覧になってみてください。

サザエさんの初期アニメ50話がAmazonプライムビデオなら動画で見放題!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です