緋村剣心の死因は梅毒!薫も同じ病気で死亡していた衝撃の事実

るろうに剣心は1994年から1999年にかけて、集英社である「週刊少年ジャンプ」より連載が開始されました。

明治時代初期の日本を舞台にしており、主人公である緋村剣心は「人斬り抜刀斎」として恐れられた伝説の剣客です。流浪人として全国を旅していた剣心は、神谷薫と出会ったことをきっかけに、波乱万丈の人生を生きることになります。

 

今回は緋村剣心の死因が梅毒である?という事実と、神谷薫も同じ病気で死亡していた?という衝撃の真実に迫っていきたいと思います。

はたして、2人の最期はどのような展開だったのでしょうか?

それでは、ご紹介させて頂きたいと思います。

緋村剣心の死因は梅毒という衝撃の事実

緋村剣心の梅毒

引用元:Twitter

緋村剣心といえば、当時ジャンプの間で大変な人気を誇っていたキャラでした。そんな人気キャラが梅毒という病気に罹ってしまったという衝撃の事実に応援していた当時のファンは、悲しみで心が一杯になってしまいました。

さらに緋村剣心の死因は梅毒によるもので、身体を長く蝕んでいたようで、作中でも血を口から出すというシーンが描かれていました。

 

ここのシーンを観たファンは、元気な頃の緋村剣心とは明らかに違う、病弱な緋村剣心に驚きの連続でした。

私もこれには驚きました。何故このようなストーリーになってしまったのでしょうか?

 

実はこの設定、作者である和月さんが書いたものではなかったのです。

そもそも和月さんは、脚本などの会議には出席しておらず、アニメの制作会社が許可を得て作成したものでした。

 

この作品のタイトルは、アニメオリジナル「るろうに剣心‐明治剣客浪漫譚‐星霜編」というタイトルの作品です。

それにしても、リアルの明治だったら普通にあったお話だと思いますが、るろうに剣心というジャンプ漫画で非常に人気の作品で、このような展開は誰1人望んではいなかったのではないでしょうか?

 

特に、当時の若者達は緋村剣心の弱弱しい姿を観て、何を思ったのでしょうか?

私は元気な緋村剣心を知っている反面、衝撃な展開だったため「今までのストーリーは一体何だったのだろうか?」と考えさせられました。

緋村剣心の浮気が原因?梅毒の感染経路は?

気になる梅毒の感染経路ですが、どうやら剣心の浮気が原因?と噂されていますが、はたして本当にそうなのでしょうか?

結論から申し上げますと、浮気ではなく剣心が怪我人を助けたことにより、感染してしまったことが原因とのことです。

 

そうですよね、薫がいるにも関わらず浮気をするなんて考えられません。

そもそも剣心はとても優しい性格をしているので、容易に想像ができます。

 

剣心が生き抜いた明治時代は、全国各地で一向一揆が盛んに行われていたため、そこにいる人々は怪我をすることなど当たり前の毎日を送っていました。

剣心が怪我人の手当をした際、血液が移ってしまい体内に梅毒の菌が侵入してしまいました。そのことが原因のようでした。

 

余談ですが、この作品はパラレルワールドとして扱われており、作者である和月さんは大変ショックを受けたようで、パラレルワールド設定にしたようです。

これにファンからの声は、賛否両論で「良かった」という声もあれば「ショックだった」という声もあるようです。何とも難しいですね...。

 

因みに私は「とてもショック」でした。

緋村剣心が亡くなった年齢は?

剣心が亡くなった年齢ですが、原作とアニメで大きく変わります。

原作での剣心は、34歳で物語が完結しています。

 

一方アニメの星霜編では、梅毒を患ってしまった剣心は歩行すらままならない状態に陥ってしまいました。

しかし懺悔の旅は繰り返し行われ、剣心は動けなくなるまで身を焦がし続けました。

 

この旅の間にも剣心の身体は病によって蝕まれ、偶然出会った左之助の助力のもと、薫が待っている場所まで帰ることができました。

剣心は梅毒によって、心不全で死亡してしまいました。このときの剣心の年齢は、40代前と言われております。

 

原作と違い、正確な年齢は明らかになっておりません。

 

いずれにしても、剣心は若くして、命の灯が尽きてしまいました。

「るろうに剣心」は、私が小学生に上がる前に家族が観ており、当時の私も一緒に観ていました。放送開始直後の剣心は、とても元気があり薫との関係も原作通りで、とても和むものでした。

 

今思えば、あの頃が私にとって1番2人の関係を観ていて幸せだったのかもしれません。

最終回である、アニメオリジナル「るろうに剣心‐明治剣客浪漫譚‐星霜編」を観るのは、正直勇気がいるため観返したいと思うのは、まだ先になりそうです。



神谷薫も緋村剣心と同じ病気(梅毒)で死亡していた

実は緋村剣心の嫁である「神谷薫も同じ病気である梅毒で死亡した?」という気になる話が出てきましたので、ご紹介させて頂きたいと思います。

ここでもアニメオリジナル「るろうに剣心‐明治剣客浪漫譚‐星霜編」と原作では、かなり違うため、区切ってご紹介させて頂きたいと思います。

 

まず原作ですが、神谷薫は死亡しません。剣心を恨む雪代縁が薫を拉致し、神谷薫そっくりな人形を作って死を偽装しました。

そこには縁が剣心に対しての憎悪があり「大切な人を守ることが出来なかった後悔」を味わせるために仕組んだのです。

 

薫は敵のアジトに隔離されていましたが、無事生還しました。

一方アニメオリジナル「るろうに剣心‐明治剣客浪漫譚‐星霜編」では、剣心が梅毒に罹ってしまったことにより、ほぼ末期状態でした。

 

しかし薫は剣心を労わりながら、一夜を共にします。結果、薫も梅毒に罹ってしまい症状が悪化したことにより、剣心のあとを追うように死亡してしまいました。

神谷薫の死因

引用元:Twitter

流石パラレルワールドのことはあり、私は「ここまで薫の最期も違うのか~」と切実に実感しました。



緋村剣心の梅毒はアニメオリジナル(星霜編)!原作とのラストの違いは?

ここまでお伝えしてきた通り、原作とアニメオリジナル「るろうに剣心‐明治剣客浪漫譚‐星霜編」のラスト結構違います。

原作ファンの方は、綺麗に終わる「るろうに剣心」が好きで、幸せな2人を見て心がホッとしたことでしょう。私もその1人です。

るろうに剣心:原作のラスト

気になる原作の内容は、剣心と雪代縁が戦うことになりますが、剣心自身抜刀斎時代の罪を償うべく「不殺」を誓っているため、思うように自分の力を出せない状態でした。

ですが、雪代縁とはどうにか殺し合いに発展することなく、勝利しそのままラストスパートになります。

 

数年後、剣心と薫は結婚し子供を1人授かっていました。戦いの中で剣心は、過去の自分と決別し今ある幸せを守るため、誓いを立てました。

薫が笑顔で剣心に寄り添い、子供と3人で幸せに仲睦まじい姿を我々原作ファンに見せてくれたところで、最後を迎えました。

ここのシーンとても感動しました。

るろうに剣心:アニメオリジナル(OVA)のラスト

一方アニメオリジナル「るろうに剣心‐明治剣客浪漫譚‐星霜編」では、梅毒に罹ってしまった剣心と一夜を過ごしたことにより、薫自身も梅毒に罹ってしまいました。

しかし同じ運命を誓った薫は、弱っていく剣心に寄り添います。

次第に衰弱していく剣心を薫が優しく抱き、最後は薫の腕の中で永遠の眠りにつきました。

このシーンを観て、正直「うーん」なところが多かった私ですが「この終わり方も良い」と仰っているファンの方もいますので、本当に賛否両論なんだなと思いました。



るろうに剣心の星霜編はひどい!原作ファンからは批判の声が

るろうに剣心星霜編

引用元:U-NEXT

賛否両論ですが、原作ファンの方からの批判の声があるのも事実で、るろうに剣心の星霜編のここが酷い理由を幾つかまとめました。

熱い原作ファンの方からしたら、もはやトラウマで思い出すだけでとても嫌な気分になるようですね。

私もこのお気持ち分かりますね。

 

アニメオリジナル「星霜編」を作った方は、リアリティを追求したかったのでしょうかね?

それでも、キャラ達の気持ちを考えるファンの方々からしたら、とても酷なことだと思います。

 

やはり噂が相当有名なようで、興味本位からアニメオリジナル「るろうに剣心‐明治剣客浪漫譚‐星霜編」を視聴される方もいらっしゃるようですね。

そして、ショックを受けてしまうようです。



まとめ

今回は緋村剣心の死因が梅毒である?という事実と、神谷薫も同じ病気で死亡していた?という衝撃の真実に迫ってみました。

私は原作と同じで、アニメでも幸せな2人の姿を拝みたかったです。

 

しかしパラレルワールドという設定ですので、2人はあの世に行っても幸せということは事実ですので、このまま暖かく見守っていきたいと思います。

最後まで、お読み頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

テキストのコピーはできません。