トイストーリー3のトトロ登場シーンはどこ?なぜジブリから許可が出たの

1995年の公開以降、人気に火が付き2010年には、シリーズ3作目となる『トイストーリー3』が公開されました。

“絶対に人間の前で動いてはいけない”をルールに、ウッディを始めとするおもちゃ達が奮闘する姿は何度見ても面白く、シリーズを増すごとにファンを魅了しています。

 

ついにやってきてしまう持ち主アンディとの別れ、ウッディ達はとんでもない所に行き着いてしまう……アンディたちの結末はどうなる?!と見どころ満載のトイストーリー3。

そんなトイストーリー3になんと「となりのトトロ」のトトロが出演しているのです!

 

ディズニーの映画にどうしてトトロが?ピクサーとスタジオジブリの深い関係とは?

気になるトトロの登場シーンや海外での反応など、徹底リサーチしていきます。

トイストーリー3でトトロは何分のどこに登場している?

トイストーリー3の中でトトロが出演しているシーンはどこなのでしょうか?

どんなポジションで出演しているのかも気になる所ですね。

【ここでトイストーリー3のあらすじをご紹介!】

 

舞台はシリーズ1作目の10年後、ウッディ達おもちゃの持ち主、アンディが大学進学に伴い、引っ越しをする事から話が始まります。

引っ越し前におもちゃの整理をするように促されたアンディは、ウッディを一緒に連れていく事にして、バズライトイヤーやジェシーなどほかのおもちゃ達を屋根裏にしまう事に……

 

しかし、アンディの母親の手違いによって捨てられてしまいます。

アンディに捨てられたと勘違いをしたおもちゃ達は、自ら保育園に寄付されるおもちゃを入れる段ボールの中へ。

 

「家へ帰ろう。アンディはおもちゃを捨てていない。」と訴えるウッディ。

アンディの誤解を解いてみんなを連れ帰る為、ウッディも一緒に同行します。

 

説得に応じないみんなと別れ脱出を図るウッディ。

残ったおもちゃ達は、想像とかけ離れた保育園の生活に絶句します。

 

そしてそれだけではない……この保育園には深い闇が眠っている模様……

闇の根源を探るべく黒幕の正体を追うウッディ達。

 

ハラハラドキドキが止まらない!おもちゃ達が繰り広げるスリル満点な冒険劇と、友情が魅力的なストーリーとなっています。

(ちなみにフルCGで作成され、こちらなんと初の3D映画となっているのです。)

 

トトロが劇中で登場するシーンは、以下の通りです。

開始34:35秒辺りから!

こちらが記念すべき初登場シーン!おもちゃの籠の横にちらっと映るトトロを確認できます。

脱出の際にアクシデントで木に引っ掛かってしまったウッディを、保育園から帰るボニーが家へ連れ帰って遊んでいる時のシーンです。

どうやらボニーのおもちゃのぬいぐるみとして出演しているようですね。

その後、ボニーが籠の中に隠れる時にトトロも一緒にしまう場面があります。思わず「トトロだ!!」と声を出してしまう、ファンにはたまらないシーンですね。

再び48:20秒から登場

仲間を助けるべくサニーサイド保育園へのルートを確認する“通称ウッディwithボニーズおもちゃ”達。

トトロがちょこんっとジャンプしてちょこちょこ歩く姿がとてつもなく可愛いですね!

 

サニーサイド保育園へ向かうウッディを見送るシーンなのですが、ここが一番長くトトロが出演しているシーンになります。

物語終盤1:28:40からまたまた登場!

荷造りを終えて家を後にしたアンディは、ウッディ達を連れてボニーの元へ向かいます。

一つ一つのおもちゃをボニーに紹介しながらおもちゃ達にお別れをするアンディ。

 

アンディがボニーの家に到着した時、庭で遊ぶボニーの元にトトロがいるのが見えます。

アンディが大切なウッディ達をボニーに託して、車に乗り込むシーンは何度見ても感動します。

そしてエンドロールにも1:36:07から登場しています。

ウッディの話にニヤッと笑うトトロが何とも愛らしいです。

1:36:55のシーンは思わずクスッと笑ってしまう尊さ

リトルグリーンメンを、大道芸のごとく回しちゃってます。

それを見守るポテドヘッド夫妻の反応も面白いのです。

 

ちょこっとだけかと思いきや、何度か登場していて、トトロのぬいぐるみの質感は画面を通しても伝わる程リアルです。

さすがピクサーアニメーションと言った所。

 

スタジオジブリのトトロとはまた違った魅力で溢れていますよね。

言葉こそ発さないものの、その存在感はトトロの貫録ゆえのものでしょうか。

なぜトイストーリー3にトトロが?ジブリから許可が出た経緯

トイストーリー3と言えば、ディズニーの映画であり、アニメーションをリメンバーミーや、モンスターズインクで有名な、ピクサーが手掛けています。

となりのトトロを手掛けるスタジオジブリと一体どういう関係があるのか非常に気になる所。

 

そこには、一人の男性の存在が大きく関わっています。

トイストーリーの生みの親であり、数々のアニメーションを手掛けるピクサー創業者、ジョン・ラセターさんです。

 

ジョン・ラセターさんは、自身が影響を受けた人物として、宮崎駿監督の名前を挙げる程の大ファンで有名です。

宮崎駿監督が手掛けたルパン三世カリオストロの城に、強い衝撃を受けた事がきっかけとなったようです。

 

その後、ジョン・ラセターさんのスタジオジブリ訪問によって、宮崎駿監督との交流が始まります。

その時、宮崎駿監督は、となりのトトロの制作途中であり、そこで見たねこバスにも衝撃を受けたと言います。

 

宮崎駿監督の自由な発想と、美しいアニメーションの世界に、これこそ自身の目指すアニメーションの理想形だと感銘を受けたジョン・ラセターさん。

次第にスタジオジブリの力になりたいと思うようになります。

 

今や全世界に根強いファンを持つ千と千尋の神隠しの全米配給に協力し、その後ハウルの動く城や数々のジブリ作品のアメリカ公開を手掛けています。

宮崎駿監督もジョン・ラセターさんの作品について語るなど切磋琢磨して友情を育んできたそうです。

 

ジブリ作品の中で、となりのトトロが一番好きだと語るほどトトロの大ファンであるジョン・ラセターさんの強い要望を受け、宮崎駿監督が承諾をし、トトロの出演が叶ったのです。

トイストーリー3のトトロに対する海外の反応

トトロのトイストーリー3への出演は、言わば、アメリカと日本を代表するアニメーションクリエイターが造り出したキャラクターの夢の競演。

 

海外の方々はどんな反応を示しているのでしょうか。

ツイッターから反応をリサーチしてみました。

海外ファン

すごいアニメだ!!!トイストーリーにトトロがでてるなんて!!!

“Yay! Animated!!! There is a TOTORO IN TOYSTORY!!!! ”

海外ファン

トトロはトイストーリー3の私のお気に入りの1つです!トトロが4に登場するのも見たいです。

“Totoro is one of my favorites from toystory3. I’d love to see him make an appearance in 4. ”

海外ファン

私がトイストーリー3を見る唯一の理由は、トトロが出ているからだよ。

“The only reason I watch toystory3 is because totoro is in it. ”

やはりトトロは海外でも人気が高く、トトロが出ている事に喜ぶ声が多く見られました。

トトロが出ているからトイストーリー3を見る方や、中にはとなりのトトロを鑑賞したくなったという声まで。

トイストーリーの人気の高さや、ピクサーが多くの方に愛されている事も分かりました。

まとめ

ぬいぐるみとして出演し、持ち主であるボニーに大切にされている事が伝わりました。

愛らしいフォルムとリアルな質感は、思わず画面越しに手を伸ばしてしまうほど。

 

トトロ出演の背景には、長きに渡って助け合い、交流を深めてきたピクサーとスタジオジブリの深い友情が存在していたのですね。

トイストーリー3を鑑賞しながら、トトロ探しを是非してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

テキストのコピーはできません。