毛利小五郎の声優交代理由はトラブル?神谷明から小川力也へは何話から変わった?

国民的人気アニメ「名探偵コナン」の個性的なキャラクターをより魅力的にみせてくれている声優の方達。

そんな声優ですが、長く続くアニメだと途中で担当声優が変わる・・・なんていうこともしばしばありますよね。

実は、毛利小五郎も声優が変わっています。

今回は、毛利小五郎の声優について、交代理由がトラブルによるものなのか?交代した声優は誰なのか?何話から変わったのか?など、気になる噂を調べていってみましょう。

 

毛利小五郎の声優交代した理由は?(神谷明→小川力也)

毛利小五郎の声優は、当初神谷明さんが担当しており、降板後は小山力也さんに交代しています。

まずは担当声優の方々のプロフィールを調べてみました。

パンダ編集長
気になるで!

 

【旧】毛利小五郎の声優:神谷明プロフィール

  • 神谷 明(かみや あきら)
  • 1946年生まれ
  • 代表作:シティハンター・・・冴羽 獠(さえば りょう)
  • 北斗の拳・・・ケンシロウ
  • キン肉マン・・・キン肉スグル

 

声優歴も長いベテラン声優な神谷明さん。

1980年代にアニメ化されたジャンプの人気作品の主役にも数多く抜擢されている、大物実力派声優です。

 

毛利小五郎の声優歴は2009年に降板されるまで、13年間も担当されていました。

名探偵コナンの推理シーンは、麻酔針で眠らされた毛利小五郎の声を借りてコナンが推理を披露する流れなので、

神谷明さんの毛利小五郎の声が印象に残っている方も多いのではないでしょうか。

 

現在は、「冴羽商事」という事務所を立ち上げて、声優活動・ナレーション・司会業などをはじめ、講演会や、コンサートのマネージメントなど様々な活動を精力的にこなされています。

ちなみに、「冴羽商事」の会社名は、声優を担当した中で「一番気に入っていたキャラクターだ」とご自身で語られていたシティハンターの冴羽獠からもらった名前だそうです。

 

【新】毛利小五郎の声優:小川力也プロフィール

  • 小川 力也(こやま りきや)
  • 1963年生まれ
  • 代表作:海外ドラマ『24』トゥエンティーフォー・・・ジャック・バウアー
  • 仮面ライダーBLACK RX・・・霞のジョー
  • はじめの一歩・・・鷹村 守

 

毛利小五郎の2代目声優を担当されている小山力也さん。

デビュー初期はテレビドラマや特撮に出演されており、だんだん声優としての実力が開花してアニメやテレビの吹き替えをするようになったそうです。

 

また、数多くの洋画作品の吹き替えを担当されていることでも有名です。

中でも代表作として、海外ドラマ『24』のジャック・バウアー(キーファー・サザーランド)の吹き替えが有名です。

ジョージ・クルーニーの吹き替えも担当されており、渋い声が魅力的な実力派声優です。

 

 

毛利小五郎の声優が交代した理由はトラブル?何話から?

それでは何故、毛利小五郎の声優は神谷明さんから小山力也さんに交代になったのでしょうか?

理由は、体調不良などによる不慮のものではなく・・・

神谷明さんが降板を希望したのではなく、テレビ局とのトラブルが原因で降板させられたようです。

 

 

神谷明さんは自身のブログで「契約上の問題と、信・義・仁の問題とだけ申し述べたいと存じます。ひとえに私の不徳の致すところであります」とコメントされていましたが、このコメントもその後削除されていたようです。

 

さらに調べてみると、ネット上ではこのような噂が飛び交っていました。

なんでも、神谷明さんと制作側との契約の情報が関係者や共演者に漏れてしまったと。

そうなったことで名探偵コナンの現場に居づらくなったことで、関係者からの降板の申し入れを受け入れたと。

さらに神谷と問題になった関係者が知人のブロガーに情報をリークしたことで、当時の騒ぎが明るみになってしまうという。

番組関係者によると、「降板の理由は、声優の報酬に関し、映像制作者側と確執があった」という。

およそ40年のキャリアを持ち声優界の大御所として知られる神谷は、“顔出し”の俳優と比べて収入が低い声優の生活向上に尽力していた1人。

俳優に代わってテレビ局や制作会社などと交渉する「協同組合日本俳優連合」を7、8年前に退会してからは、フリーの立場として、DVDなどの2次使用料の権利を制作会社などに対して主張。

時に過剰な要求をすることもあったといい、折り合えなかったことで今回の降板につながったとみられる。

ご本人が正式にコメントしたわけではありませんが、声優の報酬に対してテレビ局側との確執が生まれており、さらに守秘義務があるはずの契約内容の一部が共演者に漏れてしまった事がきっかけでテレビ局側との関係性が悪化してしまったという見方が多いようです。

 

現在は華やかなイメージがある声優界ですが、昔は俳優が経験を積むために副業としてやることも多かったようです。

その時の名残で、声優の報酬はとても少なく、かなりの年数経験を積まないと上がらないのだとか・・・。

 

神谷明さんが人気バラエティ「ナカイの窓」の声優特集に出演されていた時にも、声優収入のシステムを暴露するなど、報酬の少なさを言及するようなきわどい話題が上がっていたようです。

番組では声優の収入についての話に及んだ。『北斗の拳』のケンシロウ、『シティーハンター』の冴羽獠など、人気アニメの主役を務めてきた神谷は

「1本30分ものをやって、基本給が一番下のランクで1万5000円。再放送料などいろんなものを入れて×1.8。だから、通常は2万7000円くらい。仕事の量があれば十分生活できる」と説明し、

「ギャラは相当キャリアが積まないと上がらない。僕ら(野沢も含め)は毎回、交渉していますね」と告白。そして「料金体系は僕らが守らないと若い人が割を食っちゃう」と強調した。

神谷明さんは若手声優の為に、報酬が少ないという厳しい現状をなんとかしようと制作側に積極的に働きかけていたそうです。

そういった事が制作側に嫌がられ、長年続いていた声優を降板することにもつながったのかもしれませんね。

 

ちなみに、神谷明さんが毛利小五郎役として出演した最後の作品2009年9月26日放送のアニメ第548話『犯人との二日間(後編)』でした。

毛利小五郎の声優担当が小山力也さんになった最初の回は、2009年10月31日放送のアニメ第553話『ザ・取調室』からです(549話~552話は小五郎が登場しない話)。

劇場版は2010年4月に公開された第14作『名探偵コナン 天空の難破船(てんくうのロストシップ)』から小山力也さんに変わっています。

 

 

毛利小五郎の声優交代に対するファンの反応は?

毛利小五郎の声優交代に対して、ファンからは賛否両論あったようです。

実力的には申し分ない小山力也さんへの交代だったので、渋い声で違和感なく安心したとの意見がありながらも、

根強いファンからは神谷明さんが担当復活してほしいという声が多かったようです。

 

ネット上では、

などという声がありました。

 

筆者も神谷明さんの声のイメージが強く、変更当初は違和感がありましたがだんだんと慣れてくるものですね。

今では小山力也さんの声の毛利小五郎でイメージが定着してきましたが、それでも昔のコナン映画を見ると、神谷明さんの声が懐かしく感じます。

それだけイメージに合った偉大な声優さんだったんですね!!

 

さて、ここまで毛利小五郎の声優について調べていきましたがいかがでしたでしょうか?

意外な声優の裏事情まで見えてきて、華やかそうなテレビ業界にもいろいろとあるんだなと感じました。

今後も小山力也さんの渋い声が魅力的な毛利小五郎の活躍にご注目ください!

パンダ編集長
犯人はお前だ!

追伸:名探偵コナンのアニメ&映画(劇場版)を無料で動画視聴する方法

「名探偵コナンのアニメ&映画(劇場版)を無料で動画視聴する方法」があることをご存知でしたか?

下記の記事で詳しい方法を載せていますので、気になる方はぜひご覧になってみてください。

名探偵コナンのアニメ&映画(劇場版)を無料で動画視聴する方法

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です