毛利小五郎と妃英理(妻)の別居理由や馴れ初めは?胸キュンの恋愛回は何話?

毛利小五郎と言えば名探偵、「眠りの小五郎」として「名探偵コナン」のお話の中でもその地位を確固たるものとしています。

そしてその妻である妃絵里

彼女は無敗記録を持つ超敏腕美人弁護士であり、その二つ名を「法曹界のクイーン」として世間にその名を馳せています。

今回はそんなお似合いの夫婦がなぜ別居しているのか??その理由と二人の馴れ初めや、胸キュンの恋愛回についてご紹介します!

 

毛利小五郎と妃英理(妻)の別居理由は?

二人は結婚当時、周りからもおしどり夫婦と言われているほどものすごくラブラブでした。ではなぜ今は別居しているのでしょう?

そこにはこんなエピソードがありました!

 

劇場版の「14番目の標的」で、英理と蘭が当時小五郎の勤める警察署に行ったときに、逃げ出した犯人が英理を人質にとります、とっさの判断で小五郎が英理を足を撃ちけがをさせ、犯人がひるんだうちに確保します。

この怪我が原因で自宅療養となった英理が怪我をおして小五郎に手料理を振舞いますが、料理が下手なうえに怪我をしているのに動き回る英理に小五郎が「こんなもん作る暇があったら寝てろ!」と怒ったことで大喧嘩に。

このエピソードが直接の原因で別居したとは原作では明記されていません。

が、このあとから別居しているのでこんな感じの素直になれないすれ違いが理由かな、と思われます。

 

とはいえ、小五郎のこの言葉は好きだからゆえの気遣いから来る言葉ですし、英理の手料理をふるまう気遣いも愛情あってのこと。

その証拠に、現在もあくまで別居であって、離婚はしていません!結婚指輪も外していません!

そしてさらに、「妃英理」と名乗ってはいますが、戸籍上はまだ「毛利絵里」のままです!

 

作中でも、病室の名札が毛利絵里と書かれていたりと、さりげなくまだ愛情がある様子が描かれています。

素直になればいつの日か家族三人そろって暮らす日も来る…かも??です。

 

毛利小五郎と妃英理(妻)の馴れ初めは?

プロポーズの言葉は、劇場版『瞳の中の暗殺者』で明らかにされています。セリフは、「お前のことが好きなんだよ。この地球上の誰よりも……」

思わずキュンキュン来るセリフですね!これは毛利小五郎が妃英理に言ったプロポーズの言葉です。

地球上のだれよりも好き、なんて言われたらものすごく女性なら嬉しいですよね、小五郎さん素晴らしい…!

 

そんな毛利小五郎と妃英理は、実は小学校からの幼馴染。

当時から小五郎は英理にちょっかいを出していたみたいです。

 

そんな二人は、大学時代に学生結婚をして、妃英理は20歳で蘭を産み、育てます。

そして別居するまでの7年間は家族三人で暮らしました。

パンダ編集長
まさかの学生結婚とは・・

毛利小五郎と妃英理(妻)の恋愛回は何話?【アニメ&コミック編】

毛利小五郎と妃英理の恋愛回は結構描かれています。

ツンツンとデレデレがうまいこと混ざり合い、でも最後にはケンカして終わるというのが共通の流れです。

蘭が二人の仲を取り持つために頑張る姿も見どころです。

 

 

199話~200話「容疑者・毛利小五郎(前後編)」※コミックス27巻

この話の中で、幼馴染であり、結婚した馴れ初めも出てきます。

結婚指輪を巡って小五郎が奮闘する話も出てくるので、いつになくイケメンな一面を見ることができます。

 

114話~115話「スキューバダイビング殺人事件(前後編)」※コミックス17巻

この話は二人の名シーンと言われている「そろそろ戻ってきてくれねえか…限界なんだよ」が出てくるお話です。

結婚記念日前日に軽井沢で小五郎と英理がばったり出会います。

その後事件に巻き込まれる小五郎を英理が助けるために奮闘し…ラストの名シーンにつながるわけです。

結局またケンカしちゃうんですけどね。

 

333話~334話 「似た者プリンセス(前後編)」※コミックス40~41巻

話の内容自体は、工藤有希子(新一のお母さん)と英理タ中心なのですが、20年前の帝丹高校のミスコンのエピソードが描かれています。

小五郎が有希子と英理、どちらに投票したのか、気になる話が描かれています。

 

474話 「妃英理弁護士の恋」※コミックス55巻

小五郎と英理の初デート記念日をお祝いに英理のもとを訪れた蘭が、英理のデスクに置かれた見知らぬ男性とのツーショット写真や捨てられた結婚指輪を見て、浮気を疑って尾行する…という話です。

英理が小五郎に出れるシーンもあり、本当は二人とも相思相愛なんだな、わかる部分もあります。

 

505話~506話 「弁護士妃英理の証言(前後編)」※コミックス59巻

蘭、コナン、小五郎、英理で食事をする予定が、英理が美容室に行っているときに事件が発生し…ラストシーンがいい感じになります!

もちろんオチありですが(笑)

 

589話~590話 「最悪な誕生日(前後編)」※コミックス68巻

英理の誕生日、せっかく小五郎がプレゼントも用意して仲良くなるはずがまたケンカが発生!蘭が2人の仲を測るために奮闘する話です。

ラストに二人の渾身のラブコメがあります。

 

608話~609話 「裏切りのホワイトデー(前後編)」※コミックス69巻

ホワイトデーのお返しの様子が描かれています。

二人の素直になれなさがよくわかる話です。

 

901話~902話 「妃英理誘拐事件」※コミックス93巻

英理が誘拐される話です。

犯人たちの目的は英理の恥ずかしい動画を撮ること。それを聞いた小五郎は…?

「英理の裸を見ていいのはこの世で唯一…俺だけだ」

ラストの小五郎のクサいセリフは有名ですね!惚れ直しそうな一言ですけど、この後はまたいつもの展開が。

 

 

毛利小五郎と妃英理(妻)の恋愛回は何話?【劇場編】

また劇場版でも、ラブコメや毛利一家の家族愛が描かれているものがあります。

 

14番目の標的(劇場版2作目)

小五郎の周りの人間がターゲットにされていく話です。

この映画の中で、「なぜ英理は家を出て行ったのか」「小五郎が刑事を辞めた理由」「別居した理由」がえがかれています。

 

瞳の中の暗殺者(劇場版4作目)

記憶喪失になった蘭を中心にして話が始まっていく映画です。

小五郎が英理に対して言ったプロポーズのシーンが出てきます。

 

銀翼の魔術師(劇場版8作目)

飛行機内で起きた事件を巡って話が進んでいきます。

相変わらずツンデレ要素は多めですが、小五郎が身を挺して英理をかばうシーンなどはやっぱり大切なんだな、と実感します。

 

水平線上の陰謀(劇場版9作目)

船上で起きた事件を推理していく話。

珍しくコナンが推理ミスをし、小五郎がの推理が光り、真犯人を追いつめていくといういつもと少し違う話になっています。

でも、その真犯人を追いつめた背景には英理が関係していて…小五郎のシブさが全面に出ている作品です。

 

探偵たちの鎮魂歌(劇場版10作目)

蘭、和葉、探偵団たちが人質に取られ、コナン、小五郎、服部たちが助けようとする話です。

捜査に行き詰まり、小五郎が英理に情報収集など助けを求めるシーンは夫婦愛、家族愛を感じます。

 

ゼロの執行人(劇場版22作目)

爆破事件の犯人じゃないか、と容疑を疑われる小五郎を助けるためにあれやこれやと英理さんが頑張るシーンはドキドキします。

また指輪の描写が二人のきずなや思いを暗示していてとても素敵な演出です。

 

毛利小五郎と妃英理のに恋愛シーンはいつもドキドキさせられますし、家族愛のシーンは何度見てもジーンとくるものがありますね!

以上、毛利小五郎と妃英理についてでした。

パンダ編集長
二人はアツアツやで!

 

追伸:名探偵コナンのアニメ&映画(劇場版)を無料で動画視聴する方法

「名探偵コナンのアニメ&映画(劇場版)を無料で動画視聴する方法」があることをご存知でしたか?

下記の記事で詳しい方法を載せていますので、気になる方はぜひご覧になってみてください。

名探偵コナンのアニメ&映画(劇場版)を無料で動画視聴する方法

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です