ラピュタのドーラは若い頃超美人!18歳の写真がシータにそっくり

天空の城ラピュタ

映画『天空の城ラピュタ』に登場する空中海賊『ドーラ一家』の女首領がドーラ

豪快な肝っ玉かあちゃん!

でも実は昔は美人だったと噂されているドーラの正体と、その3人の息子たちや旦那さんにスポットを当てて調べてみました!

ドーラに対するイメージがガラッと変わること必見です!

ドーラってどんなキャラ?年齢や性格など

ドーラは本名を「マ=ドーラ」といいます。

空中海賊である『ドーラ一家』を束ねる女首領です。

 

年齢は、ドーラのセリフである「伊達に女を50年やってるんじゃないよ」というセリフから

50代であることがわかります。

 

オレンジ色の髪の毛に高い位置での三つ編み。

よそ行きの時などはたまにお洒落なシルクハットを被っています。

ドーラ

引用元:スタジオジブリ

初登場はなんとパズーよりも早い、作品冒頭にシータとムスカが飛行客船に乗っているシーンでした。

飛行石を狙って飛行客船を襲ってきた海賊こそ、ドーラ一家なのです。

飛行石

引用元:スタジオジブリ

ドーラが客船を襲撃してくれたからこそシータは地上に落ちることになり、有名なこのシーンにつながる訳ですから、

もしかしたらドーラはパズーとシータ、2人のキューピッドなのかもしれませんね笑

 

性格は物怖じせず豪快。よく息子や乗組員たちを叱りまくります。これには全員頭が上がらないようです。

しかし、仕事ぶりに応じて報酬を出したり指示が明確であったりと、リーダーシップがしっかり備わっている頼れるボスでもあります。

 

一方のパズーとシータに対しては、一乗組員として子供扱いせずに厳しく接しますが、心配する様子や見守る様子からは、母性の様なものも確かに感じられます。

このことから、ドーラは厳しくはあれど愛情豊かな性格であることがわかります。

 

次はドーラの能力について。

かなりふくよかな体型をしていますが、実はかなりの身体能力を持っているんです。

 

例えば作品序盤、ドーラ一家が軍隊から追われて全力ダッシュしているシーン。

この時ドーラは鍛え上げられた屈強な息子たちを追い抜くほどの脚力を見せます。

 

また、砲弾の衝撃で転んでも、次の瞬間にはすぐ起きあがれる鋼の体と瞬発力も、目を見張るものがありますよね。

そしてすごいのは、身体能力だけではないんです。

複雑な軍隊の暗号をいとも簡単に、しかもリアルタイムで解読してしまいます。

また、計算の際にソロバンを駆使したり暇な時はチェスに講じたりしている様です。

 

このことから、かなり頭が回るインテリであることがわかりますね。

強く賢い。もしかしたら『天空の城ラピュタ』の中で一番ハイスペックなキャラクターなのかもしれません。

ドーラの若い頃が超美人だとわかる18歳の写真

ドーラの若い頃って一体どんな姿だったのでしょう?

実はその答えが作中に登場しているんです。

 

それはパズーとシータが初めてドーラ一家の飛行船である『タイガーモス号』に乗った時のこと。

ドーラの部屋で、ドーラがシータの服を探しているシーン。

 

そこに写っていた壁に飾られた写真の人物こそ、当時18歳のドーラなのです。

若い頃のドーラ

引用元:スタジオジブリ

写真だと、よく顔などは見えませんよね・・

ですが安心してください。

 

なんとこの18歳のドーラ・・

フィギュア化しているんです!!

これならはっきりどんな姿か見えますね。

 

18歳のドーラ、超美人さんです。また美しいだけではなく、この頃から海賊として活動していることもあり、勇敢さも感じられますよね。

ちなみにこのフィギュアですが、残念ながら予約販売期間は2021/11/08までのため、これから購入することは叶わないようです。

 

フィギュアになるほどの人気ぶりから、ドーラがいかに多くの人に愛されているかが伝わりますよね。

ドーラの家族はみんな個性的!3人の息子と天才科学者の旦那

ドーラの家族が誰なのか、皆さんご存知ですか?

中には、乗組員はみんなドーラの息子と思っている方も多いのではないでしょうか。

 

実はドーラ一家、首領であるドーラのほか、3人の息子+5人の子分+機関士のおじいさんで構成されているんです。

ドーラ一家

引用元:スタジオジブリ

息子は3人だけだったんですね。

そんな息子たちのことを、ドーラは「バカ息子!」とよく叱責しています。

 

息子たちにとってドーラは、さぞかしこわ〜いお母さんなんでしょうね。

今回は、各乗組員についても紹介していきます。

 

まずは、ドーラの3人の息子たちからです。

ドーラの息子

引用元:スタジオジブリ

左から、三男のアンリ・長男のシャルル・次男のルイです。

体格にかなりの差があることがわかりますね。

長男シャルル(30歳)

まずは長男のシャルル。

シャルル

引用元:スタジオジブリ

口髭が立派ないかつい見た目をしています。

パズーの親方であるダッフィーと力比べをしたのが、このシャルルです。

 

タイガーモス号では、厨房で働くシータの元にお花を持っていくなど、可愛らしい一面もあります。

次男ルイ(25歳)

次に次男のルイです。

ルイ

引用元:スタジオジブリ

左側の黒いちょび髭がトレードマークなのがルイです。

好きな食べ物はミンス・ミートパイ。

 

「イイ・・」

ルイ

引用元:スタジオジブリ

厨房のシータを見て一番に惚れたのもこのルイでした。

三男アンリ(20歳)

最後は三男のアンリです。

アンリ

引用元:スタジオジブリ

お母さんに似た明るい茶色の髪にソバカスが残る顔。

兄弟で唯一髭が生えていません。

 

ドーラたちがパズーの家から出て行く際、シータをさらいに行くのかとパズーが尋ねるシーンで「嫁はいらねえ。飛行石さ」と答えたのがアンリです。

まだ20歳ですし、カッコつけたがりなお年頃なんですね〜

旦那はタイガーモスを設計した天才科学者

次に、ドーラの旦那さんです。

初めて見た時、私はてっきり機関士のおじいさんが旦那さんだと思っていました。

 

ですが、どうやら違ったようです。

では、ドーラの旦那さんとは誰なんでしょう。

 

その答えが、実は小説版の『天空の城ラピュタ』にて明かされています。

それによると、ドーラの旦那さんは残念ながら数年前に亡くなっていたそうです。

 

名前は明らかになっていません。

その素性は、なんと『天才発明家』!

 

20代の頃のドーラの手により拉致されて海賊の一員となった様です。

拉致っていうのがドーラらしいですよね笑

 

ほしいものは力で奪う。まさに海賊の考え方です。

そんな可哀想な旦那さん、天才発明家である彼の手により作り出されたのが、現在ドーラ一家の家であり足である『タイガーモス号』です。

フラップター

引用元:スタジオジブリ

また、シータを救出したりラピュタから逃げるために大活躍したフラップター!

これを作ったのもドーラの旦那さんなんです。

 

本当に大発明家だったんですね〜

では旦那さんとは一体、どんな性格の人だったのでしょうか。

 

小説では、ドーラはパズーたちと最後に別れる際、こんな言葉をパズーに送っています。

「あたしの惚れた夫のように立派な男になるんだよ」

 

このことから、ドーラは相当旦那さんを愛していたことがわかります。

きっと強気なドーラを包み込めるような、優しい人だったのでしょうね。

ドーラ一家の国籍はそれぞれ違う!日本人もいるらしい

ここまではドーラの家族について紹介してきました。

続いては、多種多様な出自を持つ乗組員たちを紹介していきます。

ドーラ一家

引用元:スタジオジブリ

まずは機関士の『ハラ・モトロ』

前述のルイの紹介ページで、ルイの横で指輪をつけてニコニコしているおじいさんです。

 

主に動力部の整備を担当しており、パズーも子分としてハラ・モトロの下で働きます。

彼はドーラの父親の代から一家に身を置く最古参の乗組員であり、ドーラとはチェスを楽しむ間柄です。いわゆる茶飲み友達に近い関係なのかもしれませんね。

 

そのほかにも、5人の子分たちがいます。

特徴としては、5人全員が違う国籍であること!

 

彼らは、素養を見込まれ世界中から集められた5人なのです。

しかもそのうちの1人は日本人との噂が・・!

 

ラピュタの世界に日本があるのも驚きですよね。今回はその5人を一挙に紹介します。

  • 「カ」:ポルトガル人
  • 「キ」:エジプト人
  • 「ク」:中国人
  • 「ケ」:日本人
  • 「コ」:セネガル人

一体誰がこんな安直な名前をつけたのでしょうか笑

それぞれが各分野のエキスパートとして、タイガーモス号で働いていているようです。

ドーラの名セリフや名シーンといえば?

「40秒で支度しな!」

ドーラとパズー

引用元:スタジオジブリ

シータを連れ戻すのに自分も連れて行ってほしいと懇願するパズーに対してドーラが放った一言です。

 

ドーラの名セリフといえばこのセリフですよね。

Twitterなどでも「バルス」「人がゴミのようだ」に次いで大人気のセリフなのではないでしょうか?

 

40秒という微妙な秒数がミソで、自分たちもしっかり準備をしつつ、パズーもなんとか準備を間に合わせられる絶妙な時間設定です。

計算が早いドーラですから、ちゃんと狙ってその秒数にしたのかもしれませんね。

 

続いては名シーンです。

ドーラには名シーンが沢山ありますが、今回はそのうちの1つをピックアップして紹介します。

パズーとシータ

引用元:スタジオジブリ

見張り台でパズーとシータが会話をするシーンです。

このシーン、実は一切ドーラの発言はありません。

 

この時ドーラは寝室でベッドに入り、伝声管を通して2人の会話をじっと聞いていました。

カメラは会話している2人ではなく、それを聞いているドーラを映します。

ドーラ心情

このシーン、聞き役のドーラの反応がまるで我々視聴者の心を映しているように見えるんですよね。

また、2人の会話を微笑ましく聞いているドーラの顔がそれまで見たこともないくらい優しい表情をしているんです。

 

ドーラの心がこちらにも伝わってくるような、暖かいシーンです。

ドーラのモデルは宮崎駿監督の母親だった

最後に、ドーラのモデルとなった人物について紹介します。

ドーラは宮崎駿監督のお母さんをモデルとして作られたキャラクターだったのです。

 

息子やパズーたちに厳しく接しながらも、会話を暖かく見守る姿やラピュタから生還したパズー・シータを出迎えた時の安堵の表情はまさにお母さんの顔でした。

宮崎駿監督が『思い入れが一番深いキャラクター』と言うのも納得できる気がします。

 

今回はドーラとその家族・乗組員を紹介させていただきましたが、いかがだったでしょうか。

ドーラに対する考え方が変わったのでは?

皆さんも、次に視聴する際はぜひ、ドーラ一家に着目して見てみてくださいね。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました