毛利小五郎の年齢・身長・体重は?年収は?警察辞めた理由や首筋の麻酔回数は?

推理系アニメの代名詞といえば「名探偵コナン」

アニメや映画も大好評で、幅広い層に支持され続ける名作アニメです。

 

そのアニメの中でも外せないキャラクターである「毛利小五郎」。

しかし、毛利小五郎に関しての詳しい情報をご存じの方は少ないのではないでしょうか?

今回は、年齢・身長・体重や、警察を辞めた理由や年収首筋に打たれた麻酔回数など・・・毛利小五郎に関する気になる情報を詳しく調べてみました。

 

毛利小五郎の年齢・身長・体重は?

まずは、毛利小五郎は一体何歳なのか?

答えは 38歳 です。

一人娘の毛利 蘭(もうり らん)が17歳の高校生という設定ですので、大学生の時に学生結婚でパパになったようですね。若い!!

 

現在別居中の妻 妃 英里(きさき えり)とは今でこそ険悪な仲ですが、昔はラブラブだったそうです。

ちなみに、妃英里も同級生で幼なじみだったようなので、結婚する頃にはすでに熟年夫婦のような感じだったのでしょうか?

 

また、毛利小五郎といえばすらっとした高身長のイメージですよね。

身長を調べてみたところ、170~180センチだということでしたが詳しい設定は決まっていないようです。

 

同じく体重も情報が出てきませんでしたが、すらっとした細身体型なのでそこまで重たくはないのではないでしょうか?

参考までに、175センチの成人男性の平均体重は67.4キロだそうです。

柔道が得意な元刑事という経歴があるので、身体はしっかり絞られていそうですね。

 

 

毛利小五郎が警察を辞めた理由とは?年収は?

毛利小五郎はなぜ警察を辞めたのか??

この理由がかっこよすぎるんです!!

10年前に犯人の人質となった毛利小五郎の妻の妃英里。

その時に毛利小五郎が撃った銃弾が妃英里の足に当たり、結果として人質としての機能を失わせる事ができた為犯人逮捕に至りました。

この発砲行為が警察署内で問題となり、警察を辞めることになったそうです。

この事件には、さらに掘り下げていくとこんなエピソードがあります。

 

「犯人に当てるはずの銃弾が誤って人質に当たってしまった」と思われていたこの事件。

ですが、実は毛利小五郎の狙いは、最初から人質の妃英里の足に当てることによって妃英里を助ける為だったということです。

パンダ編集長
か、かっこいい・・

確かに足を負傷した人質は犯人にとってお荷物にしかなりませんよね。

もともと射撃が得意で、警察署内でも1.2を争う名手だった為、絶対に外さない自信があったのかもしれません。

 

ただ、そんな土壇場の状況で(現在は険悪とはいえ)愛する妻を撃つ という即断ができたのも妃英里を助けるという強い意志があったからではないでしょうか。

そんな男らしい一面がある毛利小五郎。

いつもは頼りないへっぽこ探偵のイメージが強いですが、このエピソードを聞くと株が急上昇しますね!

 

また、警察を辞めてしまった毛利小五郎の現在の年収はいくらなのか?

子供向けのアニメの為、作中では年収については触れられていません

 

ただ、他の情報から推測することはできるようです。

毛利小五郎は、東京都米花町に探偵事務所を構えている私立探偵です。

毛利小五郎探偵事務所のテナント料(事務所の家賃)が月30万と判明しているので、最低でも年収360万以上は固いといえます。

事務所の家賃が月30万!!さすが東京都内の事務所といった感じです。

 

次は探偵の平均年収のデータから推測してみましょう。

さまざまな業種の平均年収を調査している「平均年収.JP」によると、探偵の平均年収は450万円とのことです。

ただし、仕事の依頼が多い事務所の所長クラスの場合、年収が1,000万円を超える業界だともいわれており、

コナンの活躍で数多くの事件を解決している毛利小五郎の事務所の場合には年収1,000万円は軽く超え、

ネットなどの口コミでは2,000万円から6,000万円ほどではないかという声が多くなっています。

これはすごい!!

 

確かに作中でも競馬などのギャンブルをたしなんだり、お酒を飲んだりと、仕事をせずに道楽を楽しんでいるシーンもありますが、

お金に困っている様子はなさそうですよね。

 

しかし、ここまで探偵事務所が儲かり「名探偵 眠りの小五郎」とちやほやされているのはコナンの活躍のおかげといった感じがします・・・。

本人はまさかそんな事とは思ってもいないと思いますが、毛利小五郎にとってコナンは大事な仕事上のパートナーでもあり福の神のような存在ですね!笑

 

毛利小五郎の首筋に打たれた麻酔回数は?

毛利小五郎が「眠りの小五郎」と言われる理由。

それは、

  1. コナンが打った麻酔銃で毛利小五郎を眠らせる
  2. 変声機で毛利小五郎の声を出したコナンが推理を披露
  3. あたかも毛利小五郎の推理によって事件を解決したと思わせているから

なんです。

 

コナンの作中ではこの「毛利小五郎に麻酔銃を撃って眠らせる」といった行為がとても重要!

 

気になる麻酔回数ですが、とあるサイトによると

数えてみたところ、原作とアニメを合わせて178回麻酔に撃たれている。

178回!!

麻酔回数にも驚きですが、ここまできても何も気づかない毛利小五郎がすごいといった気がしてきます。

 

ここまで毛利小五郎が鈍感ではなければコナンの名推理も披露できないので、やっぱり2人は名コンビですね!

調べていくと、普段はポンコツながらも土壇場で力を発揮するかっこいい一面や、高収入高身長などのモテ要素も見えてきました。

意外と2枚目キャラなのかもしれませんね。

 

これからもそんな毛利小五郎からますます目が離せません!

パンダ編集長
毛利小五郎は男前やで!

 

追伸:名探偵コナンのアニメ&映画(劇場版)を無料で動画視聴する方法

「名探偵コナンのアニメ&映画(劇場版)を無料で動画視聴する方法」があることをご存知でしたか?

下記の記事で詳しい方法を載せていますので、気になる方はぜひご覧になってみてください。

名探偵コナンのアニメ&映画(劇場版)を無料で動画視聴する方法

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です