矢島晶子(クレヨンしんちゃん声優) の降板理由は?交代した小林由美子はシロ役だった?

アニメ「クレヨンしんちゃん」といえば、ケツだけ星人やお下品な言葉、大人を小バカにしつつも憎めない5歳児しんのすけの日常を描いた人気アニメです。

作中のしんちゃんがお下品な言葉使いや行動をとることから「教育上、子供に見せたくないテレビアニメ」とも言われています(笑)

しかし、25年以上毎年公開されている映画は「感動する」と大人からの人気も高く、世代問わず愛されているアニメですね。

 

そんなクレヨンしんちゃんの主役である野原しんのすけ(しんちゃん)の声優が交代になっているのはご存じでしょうか?

今回は、担当声優であった矢島晶子さんが降板した理由、交代後の声優さんの意外なプロフィールなど気になる情報をまとめてみました。

 

矢島晶子(しんちゃん声優) の降板理由は?(矢島晶子→小林由美子)

まずは、新旧の声優プロフィールを見ていってみましょう。

 

【初代】しんちゃん声優の矢島晶子プロフィールや代表作

  • 名前:矢島 晶子(やじま あきこ)
  • 生年月日:1967年5月4日
  • 年齢:52歳(2019年現在)
  • 出身地:新潟県柏崎市
  • 血液型:B型

 

矢島晶子さんはアニメが始まった1992年から27年間しんちゃんを担当されたベテラン声優です。

子供の声が得意なようで、映画の子役の吹き替えも数多く担当されています。

 

中でも有名なのは、『ホーム・アローン』シリーズのケビン。


『スター・ウォーズ エピソードI』のアナキン・スカイウォーカーの幼少時代です。


どちらの役もしんちゃんの声とは全くイメージが違いますが、これだけ有名な吹き替えを担当されているなんてすごいですね!

 

【2代目】しんちゃん声優の小林由美子はシロ役だった?代表作は?

  • 名前:小林 由美子(こばやし ゆみこ)
  • 生年月日:1979年6月18日
  • 年齢:40歳(2019年現在)
  • 出身地:千葉県匝瑳市(ちばけん そうさし)
  • 血液型:O型

2018年7月6日の放送から2代目しんちゃんとして活躍されている小林由美子さん。

 

その他の代表作のひとつが、人気アニメ『鬼灯の冷徹』(ほおずきのれいてつ)シロ役です。

なんとクレヨンしんちゃんの中にも登場する野原家の愛犬シロと同じ名前の犬の役を担当されていたんですね!

 

これも何かの縁なのでしょうか?

その他にも、ふうせんいぬティニーというファミリー向けのキャラから、

イナズマイレブン、ケロロ軍曹、テニスの王子様、ナルト、デュエルマスターズなど数々の人気アニメまで、幅広く活躍されています。

これだけ人気声優の方に交代となると、しんちゃんファンも安心ですね。

 

 

しんちゃん声優が交代した理由は声がでなくなったから?

それでは、何故矢島晶子さんは長年つとめたしんちゃんの役を交代したのでしょうか?

その理由は、年齢を重ねることでしんちゃんの声を作ることが難しく、自然な演技がしにくくなってしまったから・・・ということです。

 

何か病気やトラブルがあっての交代ではなく、矢島晶子さん自らが願い出たことだそうです。

矢島晶子さんの地声は高めの声のようで、若い頃は自然に出せていたしんちゃんの声が出にくくなってしまったんですね。

 

交代を決意する頃のしんちゃんのアフレコの後は、喉の調子が悪くなることもあったようで、その後の仕事を入れないようにするなどの配慮もしていたようです。

確かに、27年間も同じ子供の声を出し続けるなんてすごいことですよね・・・!!

しんちゃんの声といえば、矢島晶子さんの声をイメージされる方がまだ多いと思うので、そんなに長い間みんなに愛され続けた声を演じられた矢島晶子さんはとてもすごいと思います!

 

2018年6月29日の放送が矢島晶子さんのしんちゃんが聞ける最後の回になりました。

その回が泣けると話題にもなったそうです。

 

気になる内容がこちら・・・。

放送最後にショートムービー「いつものオラだゾ」が公開。

このエピソードでは
「幼稚園の送迎バスに乗れない」
「母親みさえの自転車に乗って園に到着」
「友達の風間トオルの耳に息を吹きかける」
「アクション仮面を見てお馴染みの笑い声で笑う」
「家族にケツだけ星人を見せる」
と、これまで何度となく繰り返した野原しんのすけの日常が短い時間ながらも描かれました。

そして最後に、「あ〜オラ毎日楽しい」としんのすけが呟いて終わりとなりました。

 

しんちゃんの最後の一言 = 矢島晶子さんの最後の一言がとても意味深で印象的ですね・・・。泣

ファンにもスタッフにも愛されてきたことがわかる素敵なラスト回だったようです。

最後までいつものしんちゃんを演じきった矢島晶子さんに大きな拍手を贈りたいですね!!

 

 

違和感ない?声が変?…しんちゃんの声が変わった後のファンの反応

声優交代後のファンの反応はどのようなものだったのでしょうか?

・違和感が否めない。

・声が高いな~

・ちょっと違和感あるけど再現度高い。

・最初えっ変わったの??っていうぐらいにててびっくりした。しんちゃんが始まった当初の矢島さんに似てるなと思った。

・ふとした台詞のクセなどはさすがに違うけど、許容範囲内

・今までのしんのすけに寄せるように努力が見えてとてもいい。応援する。

などなどネット上には様々な声が上がっていました。

違和感があるといった意見もありつつも、概ね好印象な反応が多いようですね。

 

どうやら、まったく別物のしんちゃんにしたのではなく、今までのしんちゃんの声に寄せるように努力している点が好印象なようで、

「もともとの小林由美子さんの声とは全く違うのにすごい」など、ここまで寄せてきた小林由美子さんに対しての賛辞も多いようです。

 

また、小林由美子さんの今まで幅広いキャラを担当した声優経験の経歴も、好印象な理由のようです。

しんちゃん役就任が発表された時に、「誰だこの人は」ではなく、「あのキャラの声か!」とアニメファンから広く認知されていた為、前向きな反応につながったようです。

 

長く続いていた人気キャラの声優を引き継ぐことはきっとかなりのプレッシャーですよね。

でもきっとこれからどんどん小林由美子さんのしんちゃんも愛され続けていくことになるのではないでしょうか。

これからのクレヨンしんちゃんがますます楽しみですね!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です