宮城リョータに実在モデルがいた?彩子と付き合ってる?バッシュメーカーや身長体重は?

不朽の名作「スラムダンク」。その登場人物の中で「小柄な巨人」と呼ばれているのが宮城リョータです。

主人公・桜木花道たちの湘北高校で、ポイントガードとして活躍しています。

抜群のスピード、知性的なプレーでファンを魅了してきました。

そんな彼は安西先生からも「湘北の切り込み隊長」と呼ばれています。

今回はそんな宮城リョータの実在モデルやマネージャーの彩子との関係性、プロフィールについて紹介していきます。

 

宮城リョータの実在モデルがいた!NBA選手のケビン・ジョンソン!

宮城リョータの実在モデルとなったのはNBA選手・ケビン・ジョンソンです。

ケビン・ジョンソンはフェニックス・サンズで活躍していた選手です。

 

ケビン・ジョンソンとはどんな選手なのでしょうか?

ケビン・ジョンソンは主に、フェニックス・サンズで活躍した選手なのですが、元々はクリーブランド・キャバリアーズにドラフトされNBA入りしています。

クリーブランドと言えば、昨シーズンまでNBAのキングことレブロン・ジェームズが所属していたチームですね。

ジョンソンはNBAドラフト1987で全体7位指名を受けていて、期待されてクリーブランドに入団しましたが翌年にトレードされています。

また彼のプレースタイルは、宮城リョータとそっくりです。

 

ジョンソンの身長は185cmで日本の中なら高身長な方ですが、2m超える選手がうじゃうじゃいるNBAの中だとかなり小柄な方です。

またNBA選手は身長をかなりサバをよむところがあるので、実際の身長は180cmくらいの可能性はありますね。

小柄なジョンソンは宮城同様に抜群のスピードを持っていて、果敢にリングにアタックし、120cmとも言われる垂直跳びを活かして、強烈なダンクをかましていました。

宮城得意の飛び蹴りは、完全にジョンソンゆずりのものですね。

ただ唯一、宮城とジョンソンの違うところがあります。

それは宮城はアウトサイドシュートが苦手なのに対し、ジョンソンはアウトサイドシュートを得意としているところです。

ケビン・ジョンソンの背番号は7番で、宮城リョータも同じ7番です。

小柄なところも、ジャンプ力のすごさもそっくりそのままですね!

パンダ編集長
どんなプレーか見てみたいで!

 

宮城リョータと彩子は付き合ってる?2人は小学生の時両想い?

彩子とは、スラムダンクの第2のヒロインとも言える重要人物です。

バスケ部マネージャーとしてハリセン片手に選手たちを鍛えてきました。

キャプテンの赤城とともにチームのまとめ役として支えています。

 

そんな彩子と宮城リョータは、なんとクラスメートです。

宮城は彩子のことを「アヤちゃん」と呼び、割とわかりやすく好きな気持ちを伝えています。

けれど彩子の方はあまり相手にしていません(笑)

 

そして、宮城リョータと彩子の元となった幻の作品があります。

それがスラムダンクの作者井上雄彦先生が読み切りとして書いた作品「ピアス」です。

週刊少年ジャンプに1998年9号に掲載され、後に「週刊ヤングジャンプ」にも掲載されました。

いまだ単行本未収録のため、現時点で入手できる可能性はほぼゼロに等しい、まさに幻の作品。「スラムダンク」終了から約二年後の週刊少年ジャンプにて唐突に掲載され、大きな話題となった。

 

幻の作品とは・・・一度読んでみたいですね!

 

そのあらすじはこんな感じです。

とある海沿いの町。小学生の「りょう」が自分の秘密基地から海を眺めていると、ひとりの少女が何かを海に投げ捨てていた。
とっさに海に飛び込み、それを拾い上げた「りょう」は、「海を汚すな!」と少女を叱りつける。

少女「あや」はこれに応戦。二人はケンカになり、お互いにケガをする。
応急処置のためにりょうの秘密基地へ向かう二人。

あやが捨てた「何か」とは、母親が再婚相手からもらったピアスだったー。
「大人」をキーワードにして展開される二人の動きが、地味ながらも染み渡ります。

「大人」をキーワードにして描かれる少年と少女の動きが地味ですが、心にぐっときます。

 

スラムダンク本編では、宮城リョータが「一目惚れした」と言っていることから、初めての出会いは高校か、もしくは出会っていたこと自体に気づいていないという可能性もあります。

欄外にも「彩子とリョータの秘密」と記述があるため、この2人は過去に出会っていた模様。

この物語の中でリョータが身に付けているピアスが元々は彩子の物であり、彼女と初めて出逢った際に付けたことが描かれている。

彩子本人は最後までリョータの名前を勘違いしており、本人達がその事実に気付いているかは不明である。

リョータと彩子の二人が、高校に入る以前に面識があり、それに本人達が気づいていたのかどうかは不明。

など言われています。

そうだとしたら、二人がお似合いなのもわかる気がします。

 

しかし二人が付き合っているという描写は明確にはありません。

けれど、彩子が宮城リョータの手に「№1ガード」と書いたり、何かにつけ気に掛けているのは何か思うところがあるからかも知れませんね!

 

宮城リョータの身長体重や中学時代の成績は?

宮城リョータのプロフィールはこちらです。

所属:湘北高等学校2年1組
身長:168cm
体重:59kg
誕生日:7月31日
背番号:7→4
ポジション:ポイントガード(PG)
バッシュ:コンバースアクセレレーター

小柄な宮城リョータですが、そのバスケの成績はとても優秀です。

 

なんと小学校からポイントガードとして活躍していました。

陵南高校の田岡監督からは「神奈川県内でも五指に入るポイントガードの一人」といわれるほど。

そんな実力者宮城リョータですが、数々の強豪高校からの勧誘を断りました。

 

湘北へ入学したのは、安西先生への憧れから。

入部したときは「いずれ神奈川№1ガードと呼ばせてみせる!」と言っていました。

それが彩子の「№1ガード」とつながるのですね!けれど、その背の小ささから部のウィークポイントと周囲から見られます。

 

そのせいか背のことを言われると切れやすくなりました。

そして、キャプテン赤木ら3年生が引退した後は新キャプテンに就任!

赤木に負けず鬼キャプテンぶりを発揮して部員を引っ張っていってるようです。

 

 

宮城リョータのバッシュモデルやメーカーは?

宮城リョータの愛用しているバッシュは何でしょうか?

それはこちらです。

 

コンバース アクセレレーターです。

当時、バッシュと言えばアシックスやナイキなどが人気でしたが、割と玄人好みのマニアックなシューズです。

 

20年ほど前に発売されていた物で、コンバースもこの後モデルの再生産はしていません。

現在ではかなり入手困難なことは間違いありません。

 

宮城リョータの声優は塩屋翼!代表作は?

宮城リョータの声を担当していたのは塩屋翼さんです。

1958年6月24日生まれ、鹿児島県出身です。声優の塩屋浩三さんの弟さんだそうです。

 

デビュー作はテレビアニメ「海のトリトン」ですが、なんと子役時代にデビューしています。

今では声優やナレーターの仕事と、プロ・フィット声優養成所の講師としても活動されています。

 

そんな塩屋翼さんの代表作はこちらです。

  • 海のトリトン:トリトン
  • 科学忍者戦隊ガッチャマン:つばくろの甚平
  • 伝説巨神イデオン:ユウキ・コスモ
  • 銀河疾風サスライガー:ジミー見城
  • あした天気になあれ:向 太陽
  • 宇宙船サジタリウス:ジラフ
  • メイプルタウン物語:ボビー
  • かりあげクン:かりあげ正太
  • まじかる☆タルるートくん:邪馬じゃば夫
  • きんぎょ注意報!:北田秀一
  • ジョジョの奇妙な冒険:ウィル・A・ツェペリ

などです。

主人公だけでなく悪役もこなし、吹き替えもたくさんの作品を担当されています。

以上、宮城リョータについて紹介しました!

パンダ編集長
宮城リョータかっこええで!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です