ジャイアン母親の名前と身長!ドラえもん史上で一番強い説は本当か

ドラえもんに登場する名脇役、ジャイアンの母親『ジャイアンの母ちゃん』。

ガキ大将・ジャイアンが唯一頭が上がらない存在で、たまにしか登場しない母親ですが、「たけしーッ!!」の怒鳴り声と圧倒的な強さで、登場すれば強烈なインパクトを必ず残すキャラクターです。

ジャイアンのお母さん

引用元:https://ameblo.jp/

インパクト大のジャイアンの母親ですが、怒ると怖い!!ということしか知らない方が、ほとんどだと思います。

 

今回はそんなジャイアンの母親、『ジャイアンの母ちゃん』を徹底調査!

ドラえもん史上一番強い説が出ている『ジャイアンの母ちゃん』の謎を解明していきましょう!

ジャイアンの母親の名前と身長は?

結論から言うと、ジャイアンの母親の名前は不明!!です。

  • 本名の設定があるが公表されていない説
  • もともと本名の設定がない説

両方存在しています。

 

ジャイアン自体、はじめは本名がありませんでした。

いじめっ子キャラのジャイアンと同じ名前の子が学校でからかわれたり、いじめられてしまうかもしれないと作者が考えたためです。

 

しかし、読者からジャイアンの名前を知りたい!と問い合わせが相次ぎ、悩んだ末にジャイアンに剛田武という本名を設定したという背景があります。

 

そのことを考えると、母親の方に本名の設定がないのも、本名があっても公表しないのも、どちらも納得できます。

 

ジャイアンの母親は、良く言えば頼りになる昭和風の肝っ玉母ちゃんですが、悪く言えば凶暴・・・いえ失礼、怖めな母ちゃんですし、顔やスタイルも美しいかと言われると・・・

う〜ん・・・美しいというよりは個性的!?

 

ジャイアンの母親と同じ名前だった場合、からかいやいじめの的になりやすいことが、容易に想像出来ますね。

 

ジャイアンの母親の名前について情報がないのは残念ですが、名前がなくてもストーリー上、”ジャイアンの母ちゃん”で事足りているのも事実。

ですので、このまま母親の名前は公表しないまま続行するものと考えられます。

 

そして、非常に気になるジャイアンの母親の身長ですが、こちらも調査しましたが詳しいことはわからず。

 

ですが、興味深い情報が・・・ドラえもんの身長は129.3㎝です。

それを基準として比を計算すると、ジャイアンの身長は181㎝。

そしてジャイアンの身長から比を計算すると、ジャイアンの母親の身長は2m23㎝になるという情報が!?

これはあくまで比で計算すると・・・なので、参考までに(笑)

ちなみに設定上は、のび太の身長は140㎝、ジャイアンは157㎝です。
ジャイアンと母親が並んでいる画像を見てみましょう。

ジャイアンが少し膝を曲げている状態ではありますが、ジャイアンより母親の方が、確かに身長が高いことがわかりますね。

他の登場人物と並んでいる画像を見ても、やはり身長が高いことがわかりますが、さすがに2mもあるようには見えません。

 

なので常識的な範囲で考えて、ジャイアンの母親の身長は165〜168㎝位ではないか!?と私は推測します。

170㎝では!?という情報も見かけましたので、大きくても170㎝くらいが推測範囲で、2mはまずないでしょう(笑)

なぜジャイアンの母親は怒るとあんなにも強いのか

ジャイアン以上に体格も大きい母親は、とにかく怒ると強い!!

いや、実は怒らなくても強いんです(笑)

「プッシュドア」というひみつ道具のエピソードで、のび太がジャイアンに、日頃の仕返しのいたずらを繰り返します。

 

それに激怒したジャイアンがのび太に飛びかかろうとすると、のび太がプッシュドアを使ってジャイアンの部屋に逃げ込むのですが・・・

のび太に飛びかかろうとしていたジャイアンと、ジャイアンの母親が衝突しそうに!!

 

ですが、そこはやはりジャイアンの母ちゃんです。

とっさにジャイアンを軽々と背負投げし、鮮やかに自分の身を守ったのです。

 

そうなんです、ジャイアンの母親は怒ってなくても、普通にかなり強いんです(笑)

怒るとさらに強くなる!

 

ときにはドラえもんのひみつ道具の効力さえも、気迫で消してしまうのですから、ジャイアンの母親の力は計り知れません。

 

ジャイアンの母親は、なぜ怒るとあんなにも強いのか?の答えですが・・・
これしか考えられません。

 

それは、乱暴者のジャイアンを一喝で黙らせ、投げ飛ばすことができなければ、ジャイアンの躾ができないので、作者がジャイアンの母親をジャイアンよりも強くする必要があった。

 

そして、制作の過程でジャイアンの母ちゃんはどんどんパワーアップしていき、気付いたら手に負えないくらい強くなってしまったのだと私は推測します。

時間犯罪者を大根で殴り倒してしまう

もうひとつ、ジャイアンの母親の強さを証明するエピソードがあります。

『未来世界の怪人』でのエピソード。

 

宇宙ロケットを襲った強盗犯が、警察に追われて22世紀から現代に逃亡してきます。

凶悪な犯人は、真相を知ったのび太たちを始末しようと襲いかかる。

 

偶然通りかかったジャイアンの母親。

犯人が”ババァ”と罵ったため、ジャイアンの母親は激怒し、凶悪犯を大根で殴り倒してしまいます。

 

このあと、タイムパトロールが現れてあっけなく時間犯罪者は逮捕。

時間犯罪者だろうがなんだろうが、お構いなしに倒してしまう(しかも大根で!!)、ジャイアンの母親の強さがわかるエピソードでした。

鉄人兵団にも1人で勝てるという噂

ちまたでは、”ジャイアンの母ちゃんは、あの最強と言われている鉄人兵団に勝てるのでは!?”という噂が立っています。

鉄人兵団とは大長編作『ドラえもん・のび太と鉄人兵団』に出てくるロボットで、原作者も”史上最強の敵”と認めている集団。

 

ドラえもんのひみつ道具やのび太たちの活躍で勝利してきたこれまでの映画とは違って、あまりにも手強く、ドラえもん達が負けてしまいそうになりますが、歴史改変という反則に近い形でやっと勝利するという、今までの敵勢力で最も強い集団です。

 

さて、鉄人兵団とジャイアンの母ちゃん、どちらが強いのか?

意見は見事に分かれています。

  • 「ジャイアンの母ちゃんなら一喝で相手はビビる」
  • 「大根装備すれば勝てるのでは?」
  • 「勝ったら面白いけど、制作側が勝たせないよね」
  • 「さすがに鉄人兵団には勝てないでしょう・・・」

 

ジャイアンの母親が勝ったらある意味面白いですが、ここは私も制作側が勝たせるわけがないに1票入れたいと思います。

 

鉄人兵団とジャイアンの母ちゃんでは、人数的にもジャイアンの母ちゃんが不利ですし。

でも1対1のサシ勝負なら、互角の勝負を繰り広げそうな気もしますが(笑)

 

ここは、”さすがの母ちゃんも鉄人兵団に勝つのは難しい”と結論を出させていただきます。

ジャイアンの叔母も強烈なキャラクター

ジャイアンの母親が強烈なキャラクターなのは、みなさんも認めていると思いますが、実はジャイアンの母ちゃんの妹である”叔母さん”も、かなり強烈なキャラクターなんです。

 

ジャイアンがこの世で1番恐れているのは母ちゃんですが、2番目に恐れているのは叔母さんだと言っても過言ではありません。

ジャイアンの叔母さんが登場するのは『おはなしバッジ』の回。

原作では3巻に登場します。

 

おはなしバッジというひみつ道具で、桃太郎になったのび太が仲間を集めてジャイアンを退治に行こうとするお話です。

その時に猿役としてきびだんごを欲しがるのが、ジャイアンの叔母さん。

 

うっかりのび太が「おばさんが猿ですか?」と言ったら、のび太は胸ぐらをつかまれてしまうのですが、その時点でもなかなかの強烈なインパクトです。

桃太郎になったのび太を筆頭としてジャイアンと対峙したときには、”みんなから奪ったおもちゃを返せ!”とジャイアンの頭を地面にグリグリ押し付け土下座をさせるという、ジャイアンの母ちゃんにも負けない迫力でジャイアンをこらしめます。

 

登場回数はこの1回限りですが、姿もジャイアンの母ちゃんに激似で、強烈なインパクトを残した伝説の叔母さんなのです。

 

また是非、なにかの場面で登場してほしいと期待される、伝説のキャラクターとして語り継がれ続けるでしょう。

ちなみに散歩に連れているペットの犬の名前は、ポチです。可愛いですね(笑)

ジャイアンの母ちゃんはアニメ第1話で死亡する予定だった

ジャイアンの母ちゃんはアニメ第1話で死亡する予定だった!?という話はご存知ですか?

これは厳密に言うと、1973年に半年間だけ放送されたアニメ版1作目のドラえもんで、ジャイアンの母ちゃんは死んでいる設定で放送されていた事実があります。

その放送は、第8話「ガキ大将をやっつけろの巻」です。

遺影のジャイアンの母ちゃんは、現在のジャイアンの母ちゃんとは雰囲気が随分と違いますね。

 

髪型も下ろしていて、優しく微笑んでいます。

その話の中で、ドラえもんが”物体瞬間移動機”というひみつ道具で、間違えてジャイアンの父ちゃんを瞬間移動させてしまいます。

 

母親を亡くした設定だったジャイアンは、父ちゃんまでいなくなってしまうのは耐えられないと泣き出し、子どもたちから取り上げたおもちゃを全部返すと反省するお話だったのですが、かなり切ない感じで胸がギュッと苦しくなる展開。

 

ジャイアンがみんなに意地悪をする理由は、母親が早くに亡くなっていた寂しさか!?と深読みしてしまいます。

ちなみに、原作ではジャイアンの母ちゃんは健在です。

 

1979年から放送されたアニメ版2作目からは、何事もなかったかのようにジャイアンの母ちゃんは登場しており、現在に至ります。

 

なぜアニメ版1作目ではジャイアンの母ちゃんを故人としたのか?

また、なぜ2作目からは生存させることにしたのか?

 

残念ながら詳しいことはわかっていません。

ジャイアンの暴走を止められるのはジャイアンの母ちゃんしかいませんから、アニメ2作目からジャイアンの母ちゃんが復活して、本当に良かったと個人的に思います。

まとめ

  • ジャイアンの母親の名前は不明。
  • 身長はおそらく165〜168㎝、大きくても170㎝位と推測。
  • ジャイアンの母ちゃんは怒ってないときも強いが、怒るとさらに強くなる。
  • 時間犯罪者を倒したこともある。
  • 鉄人兵団の集団には勝てそうもないが、1対1なら良い勝負をしそう。
  • ジャイアンの母ちゃんの妹、叔母も強い!
  • アニメ版1作目では死亡している設定で放送されていた。

いかがでしたか?

ジャイアンの母親『ジャイアンの母ちゃん』について詳しく調査した結果は、以上になります。

 

「たけし〜ッ!!」と一喝でジャイアンを黙らせる圧倒的な存在感は、これからも変わることはないでしょう。

強くて頼りになる、愛情の深さも感じる肝っ玉母ちゃんで個人的に大好きではありますが、自分の母親でなくて良かったと心から思います(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

テキストのコピーはできません。