まっくろくろすけの鳴き声の意味は?声優はアフリカのピグミー族?

宮崎駿監督が描くジブリ作品は、長年私たちを癒し、愛されてきた作品です。

今回はジブリ作品の中でも大人気である「となりのトトロ」まっくろくろすけについてご紹介させて頂きたいと思います。

 

まっくろくろすけとは、サツキとメイの古い家に長年住み着き、黒いススのような丸い形をした、お化けです。

メイが屋根裏に蠢くまっくろくろすけにちょっかいを出し、驚いたシーンは私の中で今でも忘れられない名シーンとなっています。

 

そこで今回は、まっくろくろすけの鳴き声の意味について、ご紹介させて頂きたいと思います。

声優はなんでもアフリカの部族である、ピグミー族と言われていますが、はたしてその声の正体は何なのでしょうか?

まっくろくろすけの鳴き声は何と言っている?

まっくろくろすけが、メイとサツキが登場したことにより、慌てて姿を隠したことが私の中で「可愛いな」と今でも印象に残っている程です。

メイがまっくろくろすけを脅かしながら、1匹群れから離れてしまったまっくろくろすけを「バチン!!!」と両手で掴んだことは、何度観ても笑ってしまうほどです。

 

ここで気になることがありました。

まっくろくろすけの鳴き声って何と言っているのでしょうか?

 

これには幾つか諸説あり、動物の鳴き声からとっている説や幽霊の鳴き声からとっている説などがありました。

実はこのまっくろくろすけを担当している声優さんは、れっきとした人間です。

 

しかし日本人ではなく、アフリカのピグミー族が発している言葉だったのです!

耳を澄ましてみると「ワキャ」「アワァ」など聞こえるのが特徴的です。

 

さらにまっくろくろすけが逃げる際「タイキャク」と言っていると聞こえる人もいるようです。

 

私もとなりのトトロを視聴していた際、メイとサツキとお父さんがお風呂でゆっくり浸かっていたシーンで、まっくろくろすけたちが屋根裏から「アワァ」「アワァ」「アワァ」と言いながら、空中を舞ってく姿は「可愛いなー」と思う反面「可哀想だな」と思いました。

まっくろくろすけの声優はアフリカのピグミー族?

ここで気になるまっくろくろすけの声優ですが、先程もご紹介させて頂きました通り、アフリカのピグミー族だったのです!

「え?トトロが放送された時期にまだ、あのような擬音で話す部族がまだいるの?」と思ってしまう人や「喃語で喋る赤ちゃんみたい!」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

実はこのまっくろくろすけの声を機械で編集している方がいらっしゃって、ピグミー族の声の「あ」の音を集めて、ジブリに相応しく編集担当である久石譲さんが作ったようなんですね。

この話を聞いた私は「なるほど!」と思いました。

 

ジブリ作品を制作している宮崎駿監督は、作品1つ1つに想いを入れ手掛けていらっしゃいますよね?

それは、きっと私たちに夢を見させてくれるためなのではないでしょうか?

 

ピグミー族の特徴的な声を聞いた宮崎駿監督は「この声こそ!まっくろくろすけだ!」と思われたのかもしれませんね。

私は幼少期時代に初めてとなりのトトロを視聴しましたが、まっくろくろすけの声に違和感はなく「この声可愛いな~」と癒されました。

 

となりのトトロでは、トトロが人気を博していますが、それと同等にまっくろくろすけも未だに人気を博しているのです。

私たちを魅了してくれるまっくろくろすけは、私たちの身近にいるかもしれませんね。

まっくろくろすけが引っ越しするときのBGMタイトルは?

さて、サツキとメイが現れたことにより、大慌てのまっくろくろすけです。

この様子を見守っていたカンタのおばあちゃんは「今頃引っ越しの相談でもしてんのかな?」と少し心配そうにしていました。

 

カンタのおばあちゃんの予想通り、引っ越しの相談をしていたまっくろくろすけたちですが、引っ越しをする際フワフワと幻想的に舞い、クスノキに向かって飛んでいきます。

ここのシーンでは、月夜の神々しさがまっくろくろすけたちを優しく包みこみ、音楽もここのシーンに相応しかったです。

 

幻想的な音楽のタイトルは「風の通り道」といい、まさにまっくろくろすけたちが引っ越しをするときのBGMに相応しかったのです!

改めて聴いていると、まっくろくろすけたちの「優しい性格」が出て、心がホッコリしました。

 

皆さんも心が疲れたときに、是非「風の通り道」を聴いてみて下さいね!

気になるまっくろくろすけの引っ越し先とは?

はたして、まっくろくろすけはどこに向かって引っ越しをしようとしているのでしょうか?

実は「千と千尋の神隠し」に出てくる「釜爺」のもとに引っ越したのです。

 

まっくろくろすけたちは、新しい新居を見つけてからというもの、釜爺と一緒に働いていました。

まっくろくろすけたちは、契約の際「湯婆婆」に魔法をかけられたようで、湯婆婆が経営している宿屋でコキ使われているようでした。

 

これには「ちょっと可哀想だな」と思いました。

しかし釜爺と仲良くやっているみたいで、私は少し安心しました。

 

「千と千尋の神隠し」のまっくろくろすけたちは、些かピリピリしているようで「となりのトトロ」のときのような、余裕あるまっくろくろすけたちではなかったですね。

私の中で「このまっくろくろすけたちは何をそこまで怒っているのかな?」と幼少期思っていましたが、ブラック企業に就職してしまった結果なら、仕方ないと今では切実に思います。

 

余談ですが、まっくろくろすけたちは千尋に出会ってから、優しい顔になり千尋を助けたりするシーンを見て「相変わらず優しいな」と私は思いました。

今だにまっくろくろすけたちは、湯婆婆にコキ使われているのでしょうか?それとも、釜爺と暮らしているのでしょうか?

 

私の予想ですが、千尋の一件から釜爺と相談し、湯婆婆の宿屋を辞め、一緒にのんびり暮らしていることでしょう。

そんなパラレルワールドも見たいものですね!

まとめ

今回は国民的アニメ「となりのトトロ」に登場するキャラクター「まっくろくろすけ」の鳴き声の謎についてご紹介させて頂きました。

まっくろくろすけたちの優しい気持ちは、サツキとメイを始め、千尋にも届いていることでしょう!

 

私はまっくろくろすけの引っ越しの曲「風の通り道」を何度聞いて、癒されたことでしょう...。

今年の夏も「となりのトトロ」を観ながら、田舎の雰囲気を味わい、癒されたいと思います。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

テキストのコピーはできません。