【となりのトトロ】母親は病気ではなく妊娠?その後は退院できたのか?

国民的アニメである「となりのトトロ」は1988年4月16日より、全国各地で公開されました。

小学生のメイとサツキは、母親の入院のため父親と田舎に引っ越してきました。そこで2人は、数々の奇妙な出会いを果たします。

 

引っ越し先の家には「真っ黒いお化け」がいたり、傘を忘れてしまった父親の迎えに行ったら「大きな二足歩行の何か」が居たりと2人を脅かします。

そんな刺激的な毎日を送っていた2人のもとに、病院から連絡がきました。どうやら、母親に何かあったとのことです。

 

メイは、お母さんの病気が悪化したかもしれないと思ったようで、1人で七国山病院に向かってしまいました。

しかし、母親は病気ではなく妊娠?していたとのことです。その後は無事退院できたのでしょうか?

それでは、ご紹介させて頂きたいと思います。

サツキとメイのお母さんが入院した理由は?

私はとなりのトトロを初めて観たとき、まだ小学生という年齢で幼かったです。この頃の印象は、サツキとメイのお母さんは重い病気で入院していたと思っていました。

実際、演出覚書の中に「肺に関することで入院中」と記載されていたそうです。

 

肺の重い病気といえば、結核が有名です。結核が発症したら、他の人にも移してしまう危険性があるため、罹ってしまった人は隔離されることが一般的です。

このことからサツキとメイのお母さんは、結核の治療に専念するため入院していたのでは?と思いました。

 

それが理由ならば、家族と離れて暮らすしかありませんね。

本当に結核ならばこの話は辻褄が合います。

 

ですが、作中でサツキとメイはお母さんのお見舞いに行くシーンがありました。

このときサツキはお母さんに髪の毛を綺麗にとかされていました。

 

ここで思ったのが、結核ではなく他の病気(人に移すことのないもの)でなければ、サツキとメイはお母さんに会うことができないと思いました。

サツキとメイのお母さんは、本当に結核で入院したのでしょうか?

 

もしかすると、他の理由で入院した可能性が高いと思われます。

お母さんの病気は結核?七国山病院のモデルとも関係している

上述でも少しお話させて頂きましたが、サツキとメイのお母さんの病は「肺に関することで入院中」との設定にされていたようです。

サツキとメイのお母さんのお母さんが入院していた病院は、七国山病院とのことですが、ここのもとネタになった病院がどうやら結核を扱う病院とのことらしいのです。

 

はたして、お母さんの病気は結核なのでしょうか?

以下、七国山病院のもとネタになった?「八国山緑地の病院」についてご紹介させて頂きたいと思います。

 

八国山緑地の病院は当時、隔離病棟があり治すことが難しいと言われていた、結核を治療することで有名な病院でした。

現在も病院としては機能しており「新山手病院」と「都立白十字病院」が八国山緑地の病院としてあります。

 

となりのトトロの時代は、1953年(昭和28年)を舞台にしています。

この当時は明治より爆発的に増えた結核がまだ流行しており、治療で治すことが困難と言われていました。

しかし戦争終結1年前の1944年に、米国の研究者であるセルマン・ワクスマンにより、結核治療に必要な「抗生物質スプレトマイシン」が発見されました。

さらに日本でも結核治療に有効な「パラアミノサリチル酸」が1951年に保険適用対象になりました。

 

これ以降、八国山緑地の病院でも結核治療が可能になりました。

となりのトトロの時代では、結核治療が可能になりつつあった時代ということになります。

 

そう考えると、医学の進歩は凄いですね。

お母さんは妊娠のため入院?エンディングシーンで赤ちゃんが…

さて、ここまで結核治療のことについてご紹介させて頂きました。

しかしどうやら、サツキとメイのお母さんは「結核」ではなく「妊娠のため入院した?」との噂があるようです。

 

はたして、本当なのでしょうか?

実はとなりのトトロのエンディングで、メイが赤ちゃんに寄り添っている姿が描かれていました。これは何を意味するのでしょうか?

 

このエンディングシーンが流れたことにより、この赤ちゃんがサツキとメイの妹なのでは?と推察されているようです。

そうなるとサツキとメイのお母さんは、結核治療のため入院したのではなく、出産のため入院したことになります。

 

しかし作中でサツキとメイのお母さんは、お腹が張っておらず妊娠説は極めて低いとの声も上がっているようです。

サツキとメイのお母さんの病気は、公式で発表されておらず、未だに謎のままだそうです。

 

稀にお腹が膨らまないで、そのまま出産するというケースもありますが、入院の理由が妊娠説はほぼデマでしょう。

サツキとメイのお母さんはその後、退院できたの?死んだという説も

ここでサツキとメイのお母さんはですが、結論から申し上げますと無事退院できています。

死んだとの説もあるようですが、エンディングシーンでタクシーから降りるお母さんの姿が描かれています。

 

このことから、サツキとメイのお母さんは体調が回復し、無事家に戻ったということになります。

一方死亡説に関してですが、どうやら作中で「お母さんが危険な状態に陥っているなど」の生死をテーマにした描写が幾つも盛り込まれているようで、そこから死亡説に繋がったようです。

 

私もとなりのトトロを当時観て、死亡説が頭を一瞬過りましたが、エンディングシーンを観て安堵したのも今尚覚えています。

サツキとメイのお母さんの年齢と名前は?

サツキとメイのお母さんの年齢と名前についてですが「草壁靖子」といい、32歳です。

お母さんはサツキを20歳で産んでいます。

 

とてもお若い頃に、わんぱくなサツキを産んだということですね!いやー早いですね。

でも当時で考えると、それ位の若さで子供を産むことが普通だったのでしょうね。

 

実際女性は25歳を過ぎると、行き遅れと言われていた位ですし...。

草壁家が引っ越ししたのは、お母さんの入院に備えるためでした。

 

もし本当に妊娠して、3人目が生まれることもこの先ありそうですね。

そんなパラレルワールドが見てみたいです。

まとめ

今回は「となりのトトロ」で登場した、サツキとメイのお母さんの噂についてご紹介させて頂きました。

謎の多い「となりのトトロ」ですが、私はもう一度観直してみたいと思いました。家族愛はいいですね。

最後まで、お読み頂きありがとうございました。

3 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

テキストのコピーはできません。