桜木花道のバッシュはエアジョーダン1と6!サイズや値段は?

スラムダンク

『スラムダンク』の桜木花道のバッシュといえば、初代バッシュ・エアジョーダン6が30円で購入していた事をご存じしょうか?

2代目バッシュ・エアジョーダン1に至っては100円という、何とも突っ込みどころ満載の桜木花道バッシュ事情。

桜木花道エアジョーダン6初代

なぜそんな破格で!?

足のサイズや、現在の桜木花道モデルのエアジョーダンの価格など、気になる情報を、くまなくご紹介いたします。

桜木花道の初代バッシュ:エアジョーダン6との出会い

桜木花道の初代バッシュは、ナイキ エアジョーダン6との出会いについて触れていきます。

自身のデビュー戦となった陵南戦が終わった後、桜木花道は、バッシュを求めて赤木晴子とともに、『チエコスポーツ』を訪れます。

 

晴子に勧められたバッシュを次々に試着しますが、どうもしっくりこない様子。

ついにユニフォームまで試着し、店内を猛ダッシュする桜木花道。

 

ダッシュしても“キュッ”と止まることに感激した桜木花道は、店主の元に向かい、ジャンプをし始めるのですが、その拍子に店主の足を踏んでしまいます。

その時こそが、桜木花道とエアジョーダン6が出会った運命の時だったのです。

一瞬で心惹かれた桜木花道は、店主に「これいくら?」と尋ねます。

この時に店主の“ギクッ!”というリアクションから、“売る気がない”感が、ひしひしと感じられますよね。

 

それもそのはず、店主は、シリーズでコレクションしているほどの生粋のエアジョーダンファンだったのです。

読者でも察するほどの空気の中、桜木花道は、「中古だから、マケてくれ。」とまさかの値切り発言を繰り出します。

 

店主とともに、凍りついたファンの方も多数いらっしゃったはず……!

更に、全人類を震撼させるあの言葉が発されます。

 

「30円に」

さ、さ、30……円……!?

あのエアジョーダンが、30円って……。

 

ジョーダンコレクターでなくとも、売るか!!ボケ!!と突っ込まずにはいられない状況。

店主も驚きを通り越して、固まっていましたよね。

 

こうして、桜木花道は、半ば強引に、いや、かなり強引に、エアジョーダン6を30円で手に入れたのです。

その場を去った桜木花道に、腰を抜かした店主は、“あいつは大物になるぞ”と言ったシーンに、思わずうなずいた筆者でした。

 

ちなみに、入部当初は、体育館シューズ。

バッシュを購入するきっかけとなった、こちらの体育館シューズ。

見ての通り、ボロボロでなおかつ汚い……。

 

素足で履いていたりと普段から、雑な扱いを受けてきたうえに、激しいバスケットボールの練習の日々。

陵南戦で、桜木花道の体育館シューズは、ついにつま先部分が避けてしまったのです。

 

そこで、バッシュを買おう!という経緯に至ったというわけです。

桜木花道の2代目バッシュ:エアジョーダン1との出会い

初代バッシュに、エアジョーダン6を選んだ桜木花道が、2代目として迎え入れたのは、エアジョーダン1です。

春に行われた陵南戦から時は経ち、夏の強化合宿がやってきます。

 

みんなが合宿向かう中、ただ一人、体育館に残された人が。

桜木花道です。

 

湘北バスケットボール部監督・安西監督とマンツーマンでの練習が始まるのです。

そこで、課題として出されたのは、“2万本シュート”。

 

合宿終了ととともに、2万本シュートを終えた、桜木花道の初代バッシュ・エアジョーダン6は、ボロボロに。

そこで、再び、バッシュを求め、チエコスポーツへ向かいます。

その頃、チエコスポーツでは、青年が店主にエアジョーダン1を売ってほしいと頼まれており、すべてのエアジョーダンをコレクションしていたはずの店主が、6だけ持っていないことを指摘されます。

 

その言葉で蘇る悲しい記憶……。

この時、エアジョーダン6を、10万積まれても売る気がなかったという店主の思いが明らかになります。

 

そこにデジャブと言わんばかりに、桜木花道・赤木晴子コンビがご来店。

一瞬驚く店長ですが、桜木花道を見て背が伸びていることに気が付きます。

 

この時、バッシュが小さくなったと発言している桜木花道ですが、初代バッシュ・エアジョーダン6を購入した時の足のサイズは28cm。

今回の2代目バッシュを購入した時は、30cmだと言われています。

 

なんだか、もっと背も足も大きくなりそうですよね。

そして、“君があの湘北の選手だったとはなぁ!”と桜木花道を存じていたと言うのです。

 

神奈川の王者・海南を苦しめた湘北高校の試合を観戦していた店長は、桜木花道の活躍に、胸を打たれ、いいバッシュがあるよ!とエアジョーダン1を差し出します。

“赤と黒、湘北の色だ”

なんていいシーン(泣)これだから、スポーツアニメ大好きなのよ……。

 

店主の温かさに感激した桜木花道は、“これは俺の気持ちだ!とっといてくれ!”とポケットに手を突っ込みます。

「え?別にいいよそんなの!諦めてるから」と返す店長。

 

筆者は、この“あきらめてるから”のツボから未だ抜け出せずにいます。

しかし、天才・桜木花道。またまた期待を裏切ってきます。

 

差し出された手のひらに乗っていたのは、100円。

やっぱり……。

店長、同情します……。

 

ちなみに、流川楓のバッシュは、エアジョーダン5

中学時代からその名を馳せ、バスケットボールの才能を見いだされていた流川楓。

桜木花道のライバルであり、仲間であります。

 

正反対のタイプで、桜木花道が想いを寄せる赤木晴子の想い人でもあります。

そんな流川楓が愛用しているバッシュは、エアジョーダン5で、こちらもファッションに取り入れられるなど、バスケット界はもちろん多くの方々に愛されています。

チエコスポーツの店長はなぜバッシュを安売りした?桜木花道は犯罪にならないの?

それにしても天下のエアジョーダンが、6と1合わせて、130円て……。

こんな破格で譲ってくれるスポーツショップは、全国どこ探しても見つかりません。

 

なぜ、チエコスポーツの店長は、こんなに太っ腹なの!?と思いますよね。

そこには、2つの要因がある模様。

桜木花道の強引さと図々しさに呆れて根負けしたから

店長が履いていた中古だとはいえ、“30円で売ってくれ”と言えるメンタルの持ち主はそうそういません。

店長が腰を抜かしていたように、桜木花道の気迫に負け、売ってしまったのだと思われます。

 

特にエアジョーダン6を売った際、そもそも売る気などなく、上記でもご紹介しましたが、桜木花道に奪い取られるように手放しています。

 

これってもはや犯罪では!?と思ってしまうところですが、万引きをしたわけではないですし、一応、お金を払っていますので犯罪にはならなそうですね。

しかし、店長優しすぎないか?という疑問を、2つ目の要因が解決してくれます。

店長の過去

店長には、全国大会での湘北のように、過去に、自身も海南と戦った箕輪高校のバスケ部であったことを語っています。

“君たちは、あの頃の僕たちと同じだった”と言っていたように、自身に桜木花道達を重ねているようでした。

 

そして、昔、ゴリに対して、失礼な事を言ったことを明かします。

湘北高校の名を知らない店主に、

俺の顔をよーく覚えとけよ!1年か2年後。必ずあいつら(海南)を倒しに上がってくる

とゴリが言ったといいます。

その言葉通り、無名だった湘北高校バスケ部は、県大会準優勝、全国大会出場という快挙を成し遂げたのです。

 

店長には、自身と同じように、バスケに燃える少年達を応援したい!という想いが強くあるように感じます。

桜木花道初のスポンサーといったところでしょうか。

 

バッシュを履き潰した事について、晴子が、湘北バスケ部キャプテンで兄のゴリ(赤木剛憲)に、

すごいわよね!こないだ新しいの買ったばかりなのに!

と発言していた事から、並の量ではない激しい練習をしてきたことが分かります。

 

桜木花道は、おちゃらけているようで、人一倍強い負けず嫌い、真っ直ぐ前向きな心を持っています。

そんな桜木花道のプレースタイル、人柄にすっかりファンとなった様子の店長。

 

これからの桜木花道の活躍に期待して、将来ちゃんと恩返ししてもらってほしいですね。

今だったら桜木花道のバッシュはいくらする?

『エアジョーダン』は、NBAシカゴ・ブルズ所属で、バスケットボール界の神様の異名を持つ男・マイケル・ジョーダンが、“素足に近い感覚のシューズが欲しい”と、1991年に発売されたバッシュです。

 

ジョーダンの人気と、桜木花道が愛用しているという事、デザインのかっこよさから、バスケットボールををする方々だけでなく、ファッションとしても高い人気を誇っています。

エアジョーダン6は、マイケルジョーダンの初優勝を支えた一足として有名ですが、通常モデルのジョーダン6の、17,000円から30,000円の間で販売されている模様。

 

そして、桜木花道モデルのエアジョーダン6は、45000円で出品されているところも!!

平均的に見ても、20,000円~40,000円といったところでしょうか。

状態や、発売時期にもよりますが、これからもっともっとプレミアが付きそうですよね。

 

現在、復刻モデルとして桜木花道カラー・エアジョーダン6レトロが24,200円(税込)で発売されています。

新品の状態で、桜木花道カラーのエアジョーダン6を購入したい方はこちらがおすすめです。

 

続いて、2代目バッシュに選ばれたエアジョーダン1は、現在、いくらで販売されているのでしょうか?

ツイッターで気になる情報を発見!!

はへ?17万円!?

そして、これはまさに桜木花道カラー!!

こちらは、新品で59,000円~と記載が。

さすが初代エアジョーダン。圧巻のプレミア価格!

 

同様の桜木花道モデルでも、20,000円前後で販売されてる商品もある事から、まさにピンキリといった印象。

恐るべし花道パワーといったところですね。

まとめ

桜木花道のバッシュについて、ご紹介いたしました。

初代バッシュは、エアジョーダン6で店長から購入したというより、奪い取ったといっても過言ではありません。

 

犯罪の匂いがしてしまいますが、30円払ってますのでちゃんと購入しているという事で大丈夫なはずです(笑)。

わずか、3~4か月の間にバッシュを履き潰したのは、相当の練習量、ダイナミックな動きがあったからこそ。

 

桜木花道のバスケの成長とともに、足のサイズが2cmも伸びている事に驚きました。

2代目バッシュ・エアジョーダン1に至っても、100円という破格でしたが、チエコスポーツ店長の桜木花道を見る目が、明らかに変わりましたね。

 

これからの桜木花道を、ずっと応援してくれそうです。

現在、桜木花道カラーのエアジョーダンは、特に1が非常に高いプレミアがついています。

持っている方羨ましい!

 

エアジョーダン6は、レトロモデルで復刻されていますので、是非、チェックしてみてくださいね。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました